鉄道を中心に日々の出来事や社会現象、植物の事などを記録しています。
翠巒祭(高崎高校文化祭) 鉄道研究部 副部長インタビュー
 さて、今回は翠巒祭の鉄道研究部インタビューの続きをお伝えします。今回は部長さんに引き続きまして、副部長(kyaputen_ryota)さんのインタビューをお送りします。
 なお、※印は解説。( )はsotechanによる注釈です。

kyaputen_ryota副部長インタビュー

Q:今回のジオラマの見どころは?
A:見どころは後輩とかが作ってくれた建物とか。ストラクチャーって言うんですけど、建物をペーパークラフトで自作してくれたので、それが見どころかなと。

Q:製作で大変だった点は?
A:俺が作ったところではないんだけれど、街の建物をどこに置くかと言うこと。街の構成がだったかな。

Q:担当された箇所は?
A:俺が担当したところは(ジオラマの)奥にある山全体です。

Q:今回のジオラマでの工夫点は?
A:工夫点と言えば、俺が作った断崖絶壁のところです。

Q:コーヒーで(断崖絶壁を)着色なさったと伺いましたが、良いお色がでるのですか?
A:そうだね。コーヒーは結構良いですね。

Q:天然着色料で人体にも優しいというわけですね?
A:まあ、別にペンキだって優しくないわけじゃあないけど。

Q:今までの翠巒祭のジオラマと、今回のジオラマを比べるといかがですか?
A:今年のは圧倒的に脱線が少ないので、お客さんを待たせずに走らせることができます。

Q:(ミニチュアの)ヤマダ電機の奥の方に大型映像装置のミニチュアみたいなのがあり、凄いなと思ったのですが・・・
A:あれはね後輩が作ったんだけど、中に入っているのはsotechanが持っているようなiPodみたいなやつ。それに外枠を作って、はめ込み、リアリティを出しているわけ。

Q:今年のジオラマに点数を付けると、100点満点中何点ですか?
A:85点くらい。

Q:ジオラマ以外のイチオシ展示は何ですか?
A:それは(鉄道)写真かな。

Q:今回のJRポスターの中でのお気に入りは?
A:青春18きっぷのやつ。

Q:青春18きっぷって、マニアックなイメージがありますけど、ポスターは良いですよね?
A:ポスターは綺麗だね。

Q:ジオラマ展示以外でご苦労なさった点は?
A:製作過程を(模造紙に)書くにあたって、(下書きを)書いたのは部長なんだけど、なぞったのは俺で、部長の字が微妙に右下がりなのを直すのに苦労した。

Q:JR関係のCMが再生されていますが、YouTubeか何かですか?
A:ニコニコ(動画)かYouTubeだと思うけど。

Q:(CMは)どうやって再生しているのですか?
A:PSPか何かそういった動画を再生できるもの。

Q:今回、ご自分がお書きになった部誌でのポイントは?
A:本当に書きたかったのはあれ(部誌に載っているもの)じゃあないっていうことは、ブログに書いたんだけど、二回ほど書き直しをさせられて、大したものではなく、本当に俺が書きたかったのもではないので、どうでもいいです。
※副部長さんの本当に書きたかったものはブログで公開中だ。余りにも過激なため、部誌には載せられなかったらしい。

Q:今までの人生で最高の鉄道旅行は?
A:色々ありすぎて、どれが一番とは決められない。

Q:(鉄道旅行は)みんな良かったということですか?
A:はい。まあ、たまに悪かったのもあるけど。

Q:鉄道旅行をする上でのご自分なりのコツ等は?
A:それは下調べをちゃんとしておくということ。時刻表をちゃんと見て、行程をしっかり決めておいて、これ(予定列車)に乗れなかったら次は何分というのもちゃんと書いておく。まあ、常識的なことだけど・・・・

Q:今までで感動した車窓は?
A:飯山線とか。あれsotechanと行ったんだよね?

Q:はい、私と行きました。五月蠅い爺さんとガキが居たところですよね?
A:そうだけど、それは関係なく、川が綺麗だったのが良かった。

Q:旅行での面白いハプニングは?
A:去年の夏の(鉄道研究部の)撮影旅行で、北陸に行った時に信号トラブルで列車が遅れて、敦賀の駅で一晩過ごすことになったというのが一番大きいハプニングですね。

Q:これから乗りたい路線は?
A:北海道の方で、宗谷本線とか。

Q:お好きな客車両は?
A:見た目は107系。乗り心地は、ウーーーーーーーーーーーーーーン。まあいいや、107系ってことで。

Q:お好きな機関車は?
A:機関車はあんまり興味がないんでね。

Q:その他のお好きな車両は?
A:この前見た京急の黄色いレール運搬車みたいなのが面白いと思った。

Q:グリーン車にお乗りになることはありますか?
A:親が金を出してくれたり、sotechanが金を出したりしててくれる時はたまに乗るけど。

 副部長さんには、お忙しいところインタビューにお答えいただきまして有難うございました。
 なお、副部長さんのブログ「20冊/週のライトノベル書評」も、ぜひご覧ください。また、副部長さんの部誌の没作品はコチラです。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2009-06-16 20:06
<< 3月14・15・16日 200... 6月14日 椎樹祭(しいじゅさ... >>