鉄道を中心に日々の出来事や社会現象、植物の事などを記録しています。
iPadを大学ノート代わりに使えたら便利だと思う
 話題のiPadがもうそろそろ発売する。私は今のところ買う気はないのだが、もしタッチペン入力ができて大学ノート代わりになるのであれば購入を検討してもよいと思っている。とりあえず、私はポータブルタイプのノートPCを所有しているが、講義のメモをPCで以てキーボードで打ち込むというのは、あまり使い勝手がイイとは言えない。マルチタッチスクリーンを備えたiPadでスマートにノート取りが出来るのであればこの上なく便利である。別に紙のノートに筆記具で以て記入すれば良いではないかというのが大方の意見であると思うが、私は整理や管理するのが苦手である。iPadで以てデジタルにて管理ができれば、とても便利なのである。そして見た目もとってもスマートである。iPadは無線LAN機能を備えており、インターネットにも接続できる。まさにノートブックとインターネットの融合である。例えば大学の講義で専門的なことが分からないとき、iPadで校内無線LANを用いウィキペディアにて検索し、限りなく正確であろう情報を手に入れることができるのである。また、詰まらない授業があればニコニコ動画でも見てサボることができる。但し、面白い動画で笑ってしまうのだけは避けたほうが良いと思うが…。
 この様にiPadにてノートを取ることが出来ればとても便利なのである。そういうことを少し思ったのでブログに記してみた。
 また、iPadの登場でネットブックの販売量が減少するという見方がある。確かにネットブックをWEBページ閲覧だけに使用する人々はiPadに流れるだろう。しかしながら、ネットブックならOfficeソフトが使えるし、キーボード入力性能は格段にネットブックの方が上だと思われるので、そこは留意していただきたいと思うのである。
[PR]
by sotechan | 2010-05-12 00:54 | 社会
<< 青森行きの新幹線の列車名が「は... 酒で怖い思いをしちゃいましたよ >>