鉄道を中心に日々の出来事や社会現象、植物の事などを記録しています。
これからの日本の国債
 さて、日本の国債は現在890兆円程ある。お読みの皆様はこの890兆円を国が返済できると思うだろうか? 私は返済できるとは到底思えない。そして、これからも発行され続けていくのであろう。そこで、私は考えるのである。永久国債を発行したらどうか。永久国債とは言わば返済せず利子だけ払い続ける借金である。要するに国は国債を返済する義務はないが、国債取得者に利子を永遠に払い続けるというものである。国は気負わずに国債を発行できるし、国債取得者も利子が元本を超えれば得をするだけである。まさに発行して嬉しい、取得して嬉しい国債なのである。また、国が予算に余裕ができて、国債を返済できるようになったとしたら、国債取得者に理解を得れば返済することも出来る。現在の国債を取得者の同意を得て永久国債に切り替えたっていい。逆に永久国債を発行して現在の国債を返済することだってできるわけだ。借り換えローンのように。
 この国債を日本が発行すれば日本が資金繰りに困ることはない。金を考慮することもせず、政策を実行することも出来る。思い切って税金も下げてしまえば国民も嬉しい。事業仕分けで独立行政法人が枝野と蓮舫に責められることもないwww。
 しかしながら、デメリットも多くあるのではないかと思う。国債を買う者が居なくなったときが日本の終焉である。(それは尤も財源の全てを永久国債に頼っていればの話であるが。)そう考えてみれば発行し過ぎるのも恐ろしい。そこで私はこう思うのである。現在の国債を発行するペースで永久国債を発行し、現在の国債は徐々に返済してゆく。財源は永久国債だけに頼るのではなく、税金収入も併用する。国民に買われなくなる可能性があるので、永久国債を一気に発行することはしない。流通通貨量にも細心の注意を図る。このことを厳守すれば永久国債は怖くなく、日本に幸福をもたらす素になると思うのであるが、どうであろうか?
 しかしながら、私は政治学や経済学を専攻しているわけではないので、もしかしたら永久国債というものには大きな落とし穴があるかもしれない。その辺りはわからないわけで、だれか詳しい方が居られたら、コメントを頂戴したく思う。また、永久国債を導入せず現在の国債を返済するための良いアイデアがあったら、それもお教え願いたい。その他のコメントも頂けると幸いである。
 今回は私の拙策をお読みいただき誠に恐れ入る次第である。

 それでは・・・
[PR]
by sotechan | 2010-06-06 01:55 | 社会
<< 3月15・16・17日 201... 青森行きの新幹線の列車名が「は... >>