鉄道を中心に日々の出来事や社会現象、植物の事などを記録しています。
アキバへ・・・
3月29日に秋葉原に行ってきました。勿論、鉄道を使っていきました。上野で「群馬県在住の一鉄道ファンのブログ」の管理人さん(以下、管理人さん)と待ち合わせをしていたので、上野まで単独行動になりました。まず、新前橋から普通列車で高崎に向かいます。そこからは新幹線に乗り換えます。この頃、新幹線に乗ることが多い私ですが、今回はK君から安く買った、「新幹線自由席回数券(高崎→大宮)」のおかげで乗ることができました。本当にK君には頭が下がります。高崎8:12発の「Maxとき304号」で上野に向けていざ出発です。車内は平日とあって、通勤などのサラリーマンが大多数でした。私はリクライニング機構がある下階席に座りたかったのですが、景色に何ら興味のないサラリーマンが多いだけあって、見事に満席。仕方なく上階席に座りました。3&3列はさすがにキツイ! 私は通路側の席だったのでまだマシな方だとは思いますが、中央の席の座り心地はどうなのでしょうか。考えただけでエコノミークラス症候群になりそうです。さて、その地獄的シートに腰かけた後は朝食になります。内容としてはカレーパンとメロンパンを食べました。お味は・・・・忘れてしまいました。(笑) 東京へ近づくにつれ、車窓から桜の花の風景が目立ち始めました。「群馬じゃあ、まだ咲き出したばかりなのに、チョット南に行くだけで変わるもんなんだなぁ~」と思っているうちにトンネル入り、上野に到着します。
上野では新幹線乗り換え改札を出るときに、乗り越し精算をしました。大宮→上野の分を現金払いしたわけです。新幹線乗り換え改札口を出た後は、待ち合わせのため、上野駅構内にある「三相の像」に向かいます。三相の像とは、全裸の女性像三体が、三方向を向いている銅像です。この下で管理人さんを待つことになります。しばらくすると、寝台特急「カシオペア」が平地ホームに入線。それと同時に管理人さんもやってきました。(管理人さんは「カシオペア」に乗っていたわけではありません。)
f0077838_12444137.jpg
EF81牽引の寝台特急「カシオペア」


「カシオペア」の写真を撮ってから、京浜東北線に乗り、秋葉原へ向かいます。この時間帯の京浜東北は快速運転ではないので、山手線と並走しました。秋葉原に着いたら、まずヨドバシカメラに向かいます。それにしても大きい電気屋ですね。感動してしまいました。管理人さんはここでデジタル一眼を買う予定だったみたいですが、予定を変更して地元のヤマダ電機で購入することにしたみたいです。理由は、ポイントがたまるから。納得ですね。ヨドバシカメラを後にした私たちは、名高きヲタクの集まる電器街へ。安売り商品に感動した後は秋葉原駅で臨時列車の指定をとってから、上野に向かいます。秋葉原には当然のこと、「Tシャツ&リュックの定番ヲタ」も沢山いました。

上野に着いたら、まず昼食をとります。吉牛で豚丼を食べました。時間が時間だけあって、店内は満席。ひっきりなしに注文が飛び交います。それに追いつこうとする店員の皆さんからは殺気が感じられました。昼食をとったあとは、国立博物館に行きました。国立博物館では現在、「レオナルド・ダ・ヴィンチ--天才の実像」という企画展を6月17日(日)まで行っています。それを観てきました。この企画展の一番の目玉は「受胎告知」の本物を展示していることです。当然ながら、私もそれを鑑賞してきました。感想としては、とてもシャープな印象を受けました。かなり細かく描かれています。やっぱり本物は凄いなぁ~~。本物をみた後は、ダ・ヴィンチの解説展示になるのですが、そこは人が多くてチンプンカンプン。もう少しゆっくり見たかったなぁ~。
f0077838_1249457.jpg
上野駅入谷口近くの桜並木


f0077838_1250048.jpg
国立博物館前


f0077838_12504728.jpg
「レオナルド・ダ・ヴィンチ--天才の実像」


f0077838_12514811.jpg
「平成館」前


博物館を後にした私たちは、群馬へ帰るために高崎行き普通電車に乗りました。グリーン車に乗車しました。やっぱりグリーン車はラクチンです。管理人さんも結構ハマってしまったようです。これが、グリーン車のパワーなのですね。快適な時間は思ったより早く過ぎるもので、あっという間に高崎に到着してしまいました。高崎からは普通電車で新前橋へ。これで小旅行が終わりました。

今回は写真が少なくてスミマセン。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-04-04 12:57 | 旅行
<< 18切符で熱海へ・・・ (4月5日) 「土・日きっぷ」使用の旅行記(... >>