「ほっ」と。キャンペーン
鉄道を中心に日々の出来事や社会現象、植物の事などを記録しています。
普通グリーン車の意外な落とし穴
関東地域ではリーズナブルな値段と、手厚い接客で親しまれている、普通列車グリーン車。でも、意外な落とし穴があったのをご存知でしたか?
実は普通列車グリーン車と特急普通車自由席を比べると特急普通車自由席のほうが安くなる場合があるんです。どうやら、「普通グリーン車は安い!!」というわけにはいかなくなったようです。まずは下の文章を読んでください。(本当は表にしたかったのですが、このブログでは出来ませんでしたので、文章になります。スミマセンorz)

普通列車グリーン車(平日で事前料金)は50キロまで750円、51キロ以上950円。

普通列車グリーン車(ホリデーで事前料金)は50キロまで550円、51キロ以上750円。

JR東日本の特急普通車自由席(B特急料金)は50キロまで500円、100キロまで900円、150キロまで1300円。

もうお分かりですね?
そうです。平日なら100キロまで、ホリデーでも50キロまでなら特急普通車自由席(B特急料金)のほうが安くなるのです。また、上には書きませんでしたがA特急料金でも平日に限って50キロまで(730円)は特急普通車自由席のほうが安くなります。(詳しくは時刻表を見てください。)
特急普通車自由席と普通列車グリーン車の設備はほぼ同じです。リクライニングシートも両者ともに装備されています。料金制度を良く知って賢く乗車したいものですね。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-05-13 17:58 | 日常
<< TBSドラマ「特急田中3号」に... 5月5日 大回り旅行(主にE5... >>