鉄道を中心に日々の出来事や社会現象、植物の事などを記録しています。
TBSドラマ「特急田中3号」について(第四回)
5月18日の放送では鉄道が出てくるシーンが少なかったように思います。鉄道ドラマなのですから、一放送に一回は鉄道旅行を組み込んでほしいものです。
大回りファンとして一つ気になったのが、桃山誠志が妄想旅行に入る場面。今回の舞台は八高線だったのですが、その車中で切符の金額不足のため車掌に列車から降ろされそうになるのです。真の鉄道ファンならすぐさま機転をきかして、「大回り中です。」と発言し事なきを得るのですが、桃山誠志は大回りを知らないため、車掌といざこざを起こします。
こんなところにも、半ば素人が作ったドラマだなぁ~~と、感じさせます。(それでも鉄道ファンが制作に関係しているようですが・・・)
TBSさんはもう少し研究して、細かいところまで凝ってほしいですね。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-05-21 14:37 | 日常
<< 高野連はハッキリ言ってバカですよ! TBSドラマ「特急田中3号」に... >>