鉄道を中心に日々の出来事や社会現象、植物の事などを記録しています。
8月17・18日 2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3(小海線・大鉄道博覧会 ほか)第八回
前回はシート案内でしたが、今回から旅行記を書きたいと思います。
快速「ムーンライト信州81号」で白馬に着いたところまで話したと思います。今回はそこからです。
白馬駅の改札を青春18きっぷで抜けようとしたところ、駅員から「指定券は?」と言われました。このような経験は初めてだったので、「えっ、指定券も見せなきゃならないわけ?」と聞き返すと、「そうです。」と言われてしまいました。田舎の駅は本当に不思議ですね。
やはりムーンライト信州の利用客は登山目的の客が多いらしく、白馬駅のベンチはほとんど、大きなリュックを背負った人々でいっぱいでした。私たちは駅舎だけ写真を撮って、再び改札内へ入ります。
f0077838_15128.jpg
白馬駅舎


白馬からは大糸線を塩尻に向かって戻っていきます。朝もやの晴れた湖を再び眺めながら、話に花を咲かせていると、いつしか信濃大町に到着しました。
f0077838_163975.jpg
E127系100番台(白馬で撮影)


f0077838_1111031.jpg
大糸線からの車窓


信濃大町からは快速で塩尻まで行くつもりだったのですが、その列車が大幅に遅れていました。普通乗車券の利用者は特急「スーパーあずさ」で代替輸送してくれることになったのですが、18きっぷはダメとのこと・・・ 私たちが駅員に抗議したら、18きっぷでも乗れることになりました。久しぶりにJRに感動したのでした。
やはり特急の座席はイイ!! リクライニングが最高です。青春18きっぷでリクライニングシートには普通列車自由席のグリーン車でしか乗れないと思っていたのに、追加料金無しで乗れるとは、本当に感激です。緊急時も時と場合によればイイですね。良い経験になりました。
f0077838_11222.jpg
E127系100番台(信濃大町で撮影)


f0077838_1123861.jpg
E351系 特急「スーパーあずさ」(信濃大町で撮影)


特急に乗れたことで、塩尻からの乗る予定だった列車にどうにか間に合いました。塩尻からは中央本線の辰野支線に乗り換えます。列車は「ミニエコー」という愛称の123系電車。一両編成という、超短編成です。駅弁を買って、いざ乗車。辰野までの区間は車窓から谷間の風景が望めます。
f0077838_1133667.jpg
123系 「ミニエコー」(塩尻で撮影)


f0077838_1143270.jpg
「とりめし」弁当(パッケージ)


f0077838_115379.jpg
「とりめし」弁当(中身)


f0077838_116242.jpg
中央本線辰野支線からの車窓


辰野からはJR東海の313系電車で岡谷へ。リクライニングはしませんが、特急列車のような座席配置でした。岡谷では特急「あずさ」のE257系を撮影し、中央本線115系普通列車で小淵沢に向かいます。途中、諏訪湖も少しだけ望めました。
小淵沢からは次回にお伝えします。
f0077838_1155520.jpg
辰野駅舎


f0077838_117559.jpg
岡谷駅舎


f0077838_1174242.jpg
岡谷駅ロータリーから見える、長野自動車道岡谷JCT付近


f0077838_1184455.jpg
115系電車(岡谷で撮影)



それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-11-16 01:24 | 旅行
<< 時刻表検定 今日、思ったこと。 >>