鉄道を中心に日々の出来事や社会現象、植物の事などを記録しています。
カテゴリ:旅行( 62 )
12月16日 臨時特急「ひばり」
前回、お知らせした臨時特急「ひばり」のビデオをアップします。

当日は大宮駅で撮影をしました。反対側のホームから撮影を試みたのですが、普通電車とダブってしまうことが判明しまして、慌てて「ひばり」が発着するホームに移ったので、良いアングルでは撮影できていません。ゴメンナサイorz
ホームは大勢の鉄道ファンでごった返し、殺気立っていました。ビデオからもその様子がうかがえると思います。

正直を言えば485系で運転してほしかったのですが、そういうわけにはいかないみたいですね。
[PR]
by sotechan | 2008-03-07 14:22 | 旅行
鉄道博物館(後編)
今回は12月16日に「群馬県在住のとある鉄道ファンのブログ」の管理人であるkyaputen_ryotaさん(以下、ryotaさんと省略)と一緒に鉄道博物館に行ってきた事を書こうと思います。

朝はryotaさんと駅で待ち合わせをし、上越線の高崎行きに乗車。高崎で高崎線普通列車上野行きに乗り換えます。普通ならグリーン車に乗るところですが、お金の関係もあって普通車に乗車。グリーン車などに乗ると大宮まではあっという間なのですが、普通車で乗り通したこの日はとても長く感じられました。
大宮駅で電車を降りた後は、臨時特急「ひばり」を撮影。(「ひばり」は後ほどお伝えいたします。)その後、鉄道博物館へ。
鉄道博物館は11月の来場時同様、ごった返していました。体験系展示に申し込むことは不可能なので、普通に常設展示へ。展示内容は「前編」を参考にしていただきたいと思います。
f0077838_18142993.jpg
ヒストリーゾーン全景


f0077838_18163654.jpg
特急「富士」一等展望車


f0077838_1817449.jpg
新幹線0系電車


f0077838_1817291.jpg
20系客車 開放型B寝台車内


f0077838_18183931.jpg
101系電車 車内


11月の時との相違点は・・・と言ってもなさそうですが、これが意外とありましたね。11月来場時は181系「とき」のシートをフル活用できたのですが、12月である今回は、座席回転ロックと背面テーブルの開閉禁止がなされていました。
常設展示を見た後は昼食。今回はカツカレーを頂きました。なかなかカツが私好みの味で良かったと思いました。
f0077838_18202443.jpg
カツカレー


そうそう、今回は11月の前回では見なかった修学旅行専用車を見学しました。シートは急行型のものと同じような感じです。多分、当時は6時間くらい座ることになったのだと思いますが、とてもじゃないけど私は座れません。そんなに長時間は・・・・
デッキには飲料水給水箱(冷水機ではなく、非冷水機みたいなもの。所謂、保冷機能がない。)が有りました。運転時はこの給水箱の中に粉ジュースを入れる生徒もいて困ったとか、困らないとか・・・・そんな様なことが、どっかの鉄道関係書籍に書いてありました。
f0077838_18214589.jpg
155系電車


f0077838_18263425.jpg
155系電車シート


f0077838_18265959.jpg
給水箱


その後も鉄道博物館を満喫して、夕方5時頃には帰宅することに。帰りはグリーン車に乗りました。一日中立ちっ放しでしたから、グリーンじゃないとキツかった訳です。

それでは・・・・・
[PR]
by sotechan | 2008-03-05 18:37 | 旅行
2月10日 撮影旅行(青梅方面)
今月の10日に高崎高校鉄道研究部の皆さんと撮影旅行に行かせていただきました。
群馬県在住のとある鉄道ファンのブログ」の管理人であらせられるkyaputen_ryotaさん(以下、ryotaさんと省略)が鉄道研究部の部員でいらっしゃって、お誘いのメールを頂き、ご同行させていただきました。
当日は新前橋駅でryotaさんと待ち合わせをし、集合場所である高崎駅に向かい、鉄研部員の皆様方と合流。7:54発の八高線に乗り、高麗川へ向かいます。前日に雪が降ったので、車窓から眺める景色は一面の銀世界。鉄道車両の中から雪景色を眺めるのは、昨年3月に行った「土日きっぷ旅行」以来です。何時も八高線は夕方に乗るのですが、朝に乗るのもなかなか良いものです。車内ではryotaさんや部員の皆さんと雑談を楽しみ、9:23に高麗川に到着。
f0077838_1855411.jpg
八高線からの車窓


高麗川からは川越発の八高線普通列車に乗り換え、拝島へ。車両は209系でした。拝島駅は工事をしたらしく、以前に私が訪れた時とは少し変わっていました。拝島からは青梅線普通列車に乗り換え、青梅へ向かいます。車両はJR東日本の最新鋭車両である、E233系電車。この電車には8月に行った「青春18きっぷ旅行」で乗っていますが、ゆっくりと椅子に座って乗るのは初めてのことでした。座席の意匠はE231系など、最近のJR東日本車両のものに準じますが、クッションを厚くしたのでしょうか、フカフカとしたすわり心地でした。今年3月のダイア改正で東海道線に導入されるE233系3000番台のグリーン車シートがどうなるのか、非常に楽しみであります。
青梅に到着すると、そこで解散。私はryotaさんに付いて行くことにしました。最初は古本屋探し。ryotaさんが事前に下調べしていたらしく、比較的容易に古本屋に辿り着くことは出来ましたが、残念なことに休業していました。その後、河辺駅のマクドナルドで昼食を摂った後、青梅線に乗り、軍畑に向かいます。軍畑駅周辺の撮影スポットで、近々一線を退く201系電車のビデオと写真を撮りました。地味な撮影場所なのですが、201系の写真を撮るためなのか、多くの同業者の皆さんが撮影を楽しんでいました。
f0077838_18593611.jpg


f0077838_1941776.jpg
青梅マラソンスタート地点


f0077838_1952244.jpg
201系電車(青梅で撮影)


f0077838_1963125.jpg
E233系電車(青梅で撮影)


f0077838_1972832.jpg
軍畑駅


以下、4枚の写真は軍畑駅周辺で撮影

f0077838_19101231.jpg



f0077838_19104315.jpg


f0077838_191121.jpg



f0077838_19112769.jpg



その後、青梅駅に戻り、他の鉄研部員の皆さんと合流し、帰路に着きます。青梅からはホリデー快速に乗り、新宿へ。新宿からは17:12発の湘南新宿ラインに乗るのですが、車内が激混み。幸いなことに私は池袋から座ることが出来ましたが、座れない方々もいたのではないでしょうか。高崎には18:55着。E231の普通車にこれだけの長時間乗ったのは初めての経験でした。高崎駅で解散し、吉野家で夕食を摂りました。その後は高崎駅構内の書店で時間を潰してから帰宅。
f0077838_1913143.jpg
115系電車(高崎で撮影)


久しぶりに楽しい旅行をすることができました。高崎高校鉄道研究部の皆様には心から感謝申し上げます。

後日、動画をアップします。
それでは・・・・・
[PR]
by sotechan | 2008-02-14 19:24 | 旅行
鉄道博物館(前編)
今回は11月18日と12月16日に行ってきた鉄道博物館のお話をします。
11月18日はこのブログ初登場のKさんと、12月16日はお馴染みのkyaputen_ryotaさんと出かけてきました。

11月18日
11月18日は時刻表検定が終わった後に、鉄道博物館に向かいました。時刻表検定の会場であるJA共済ビル(地図)から鉄道博物館まではKさんとの割り勘でタクシーを使いました。このタクシーはデビットカードが使えるのですが、いざ降車時の支払いに使おうとしたら断わられました。理由は利益が上がらないからで、ワンメーターだとタクシー会社が不利益になるみたいです。私は自社の利益を考える前にお客様へのサービスを第一にしたほうがいいと思うのですが、どうでしょうか。
鉄道博物館に着くと、エントランスが激混み。しかし私は鉄道博物館の会員なので会員専用受付で会員証を見せて、入場カードを受け取ります。あとは自動改札を模した入場ゲートにタッチするだけです。とってもスムーズな入場でした。
f0077838_15245546.jpg
鉄道博物館入口


まずは鉄道博物館の一番目玉であるヒストリーゾーンへ向かいます。一目見て感動です! 往年の名車がズラリ! 最初にマイテ39 11一等展望車が私たちを出迎えてくれました。私は一等展望車の本物を初めて見たので、これまた感動しました。車内は戦前の桃山造りという内装。椅子は当時のものと違うようですが、これほど間近に見られるのは凄い!
f0077838_1755109.jpg
マイテ39 11


f0077838_1526339.jpg
マイテ39 11車内


次は、国鉄型特急・急行。485系ボンネット車、181系や455系電車などが見られます。
181系の車内がすごい。昭和40年代標準の普通車シートがズラリと並びます。リクライニングも出来ず、シートピッチも狭い座席ですが、シートに座って現役当時を想像すると何時間でも座りたくなるような、そんなノスタルジックなシートです。私はこのシートに初めて座ったのですが、なぜか懐かしいような感じを抱きました。モケットの色とアームレスト意匠には本当に感激します。車内には当時の帰省を再現した父子の会話がスピーカーで流れます、そのなかに「特急なんかお父さんも滅多に乗らんねぇんだから・・・」という会話があります。この父親がどのくらいの社会階級かは知りませんが、当時の庶民にはグリーン車(一等車)はもとより、特急普通車(二等車)でさえ高嶺の花だったのかも知れません。そんな当時人々から見ればグリーン車に乗りまくる私みたいのにたいして恨めしく思うかもしれません。(←自慢か!?)
f0077838_15282728.jpg
181系特急型電車クハ181 45


f0077838_15295059.jpg
クハ181 45の前で写真に写るsotechanこと管理人


f0077838_15362879.jpg
181系車内


f0077838_15314295.jpg
181系シート(横から)


f0077838_15321571.jpg
181系シート(前から)


f0077838_15324867.jpg
アームレスト


f0077838_15331017.jpg
テーブル(閉じた状態)


f0077838_15341772.jpg
テーブル(開いた状態)


f0077838_1535075.jpg
灰皿


f0077838_17332480.jpg
冷水器


485系の車内も基本的に181系と同じでした。違うところを言えばカーテン生地のデザインが違いました。この車内は飲食可能で、弁当の匂いが漂っていました。
f0077838_1538954.jpg
485系特急型電車クハ481 26


455系急行型電車の車内は車両の前方だけロングシート改造にしてあり、なんとも不思議な車内でした。
f0077838_17372195.jpg
455系急行型電車クモハ455 1


f0077838_17392955.jpg
455系シート


お次は新幹線の展示。200系のシートはリクライニングできるので寝るには快適です。シートも現在の新幹線車両のシートよりもフカフカ。車内には211系グリーン車の匂いが漂っていました。
f0077838_17442599.jpg
0系新幹線


f0077838_17501016.jpg
0系シート


f0077838_17455088.jpg
200系新幹線


f0077838_17463914.jpg
200系車内


f0077838_1747411.jpg
200系シート(2列席)


f0077838_17491469.jpg
200系シート(3列席)


その後はラーニングゾーンを見学して、新幹線の運転シュミレーションをし。ここでKさんはお先に帰っていきました。私は閉館近くなり、ガラガラになったヒストリーゾーンをもう一度見学。181系の車内を独り占めすることもできました。
帰りは埼玉新都市交通で大宮へ。大宮からは18:24発の特急ウィークエンドあかぎ1号で帰りました。
後編では12月16日の分をお話しします。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2008-01-19 17:57 | 旅行
10月13日 大回り旅行(特急おはようとちぎ号・E217系)
もう、だいぶ前の話になり、詳細も覚えていないのですが、覚えている限りでお話しします。
10月13日に「特急おはようとちぎ号」と「E217系グリーン車」乗車のための大回り乗車に行ってきました。
今回は前橋からスタートします。前橋7:05発の115系使用の普通列車で小山へ。この列車と路線にはいつも乗車しているので、必ずと言っていいほど寝ます。途中、桐生で183系運行の「旅のプレゼント号」に遭遇。すれ違いざまに写真を撮ろうとしましたが、あまち上手な写真は撮れませんでした。その後も熟睡し、小山には8:40着。
f0077838_17282269.jpg
183系 旅のプレゼント号(桐生で撮影)


お次は今回の目的の一つである8:56発「特急おはようとちぎ4号」に乗車します。新宿行きということで、185系田町車が使われていました。勿論、グリーン車に乗車。車内は一見グリーン車といった感じはしません。普通車の様な座席が並んでいます。座ってみて初めて、グリーン車の座席だと分かるような感じです。185系大宮車と違って、国鉄型のシートをリニューアルしたわけではなく、座席自体を交換してあります。
では感想を言います。率直に言わせてもらって「これがグリーン車の座席か!?」といった感じです。センターアームレストはないし、フットレストは土足用一面しかないし・・・・ これにグリーン料金を払うのは損ですよ。
逆にグリーン車らしいところを言えば、シートピッチが広いこと、リクライニング角度が大きいこと、車内にグリーン車らしい空気が漂っていることでしょうか。まぁ、グリーン車としての最低限度の装備ということですね。
まぁ、こんなグリーン車でしたが、一度くらいは乗ってみるのもいいかもしれません。
グリーン車の車内には私を含め3人程乗っていました。そのうちの一人は車掌が来ると、間違ってグリーン券を買ってしまったと告げ、普通車に移っていきました。もしかしたら予想以上のグリーン車の悪さにガッカリしてしまったのかもしれません。2人になった車内は大宮を過ぎ、何時しか新宿に。新宿には10:09着。
f0077838_17291328.jpg
特急おはようとちぎ号グリーン車内


f0077838_17302447.jpg
特急おはようとちぎ号グリーン車内


f0077838_17311595.jpg
グリーン車座席


f0077838_17331623.jpg
バックレスト裏側


f0077838_17334671.jpg
フットレスト


f0077838_17342081.jpg
客席入り口ドアのグリーン車表示


f0077838_1735843.jpg
185系 おはようとちぎ4号(新宿で撮影)


新宿からは総武各停に乗り、秋葉原へ。秋葉原からは京浜東北で上野に向かいます。都心の電車は然程人がおらず、十分に座れました。
上野からは10:52発E531系使用の普通電車で安孫子へ。グリーン車に乗ろうと思ったのですが、短距離なのでパスさせていただきました。この電車は立ち客が出るほど混みあっていました。安孫子には11:26着。
安孫子からは11:46発E231系使用の普通電車で成田に向かいます。私が席を座った後に中学生がドサッと乗ってきました。中学生ってのはいいですね。いろいろな意味で・・・・
2・3駅過ぎたあたりで中学生たちが下車し、車内には静寂が訪れます。静かになるのはイイですが、目には寂しい・・・・ あぁ、何言ってんだか。
1時間ちょっとで成田に到着。12:27着。
f0077838_17362723.jpg
成田線 E231系(成田で撮影)


成田からは今回の第二目的のE217系グリーン車乗車となります。駅のNEW DAYSで幕の内弁当を買い、13:13発の快速横須賀行きに乗り込みます。成田空港から乗ってくる客は意外と少なく、3・4人乗っているだけでした。E217のグリーンには初乗車ということで、二階席に腰を下ろします。私の感想としては、普通列車グリーン車の中で一番高級感のある座席だと思いました。まずモケットに高級感があります。211系のグリーン車よりシートサイズもデカイですし、E231やE531よりフカフカしています。フットレストはないですし、リクライニングも特急のグリーン車より浅いですが、普通列車のグリーン車としては十二分です。私はE217のグリーン車が普通列車グリーンの中で最高のものと認識しています。
座席に腰掛け、弁当を開封し、暫くするとアテンダントさんが「お食事中失礼いたします。グリーン券を拝見させていただきます。」と丁寧に挨拶し、車内改札に現れました。こんなアテンダントさんの丁寧な接客も弁当を一層おいしくさせます。二階席からの展望も最高です。
千葉を過ぎるとグリーン車はほぼ満席に、子供も乗ってきて車内は一層騒がしくなるのですが、何故かこの日は苛々しませんでした。E217系のグリーン車には不思議な力があるのかもしれません。
品川を過ぎて暫くすると新幹線と並走。700系新幹線が悠々と追い越していきます。新幹線との並走を楽しむと横浜に到着。横浜を出ると、横浜独特の地形が目を楽しませます。戸塚を過ぎると、もうすぐE217系グリーン車も終りです。大船、15:13着。
f0077838_1738583.jpg
E217系(成田で撮影)


f0077838_17393166.jpg
E217系グリーン車内


f0077838_17405283.jpg
グリーン車座席


f0077838_17413753.jpg
バックレスト裏側

f0077838_17421720.jpg
車内で食べた弁当


大船からは驚異の秒速乗り換えで、15:13の快速アクティーに乗車。ホームで走っていたら駅員に「危ないですから、走らないでくだぁさぁ~い。」とマイクで放送されましたが、「おれはグリーン車の乗客だぜぇ!」といった勢いで、お構い無しにホームを駆け抜けます。乗車したアクティーは211系。この列車で茅ヶ崎まで行きます。
茅ヶ崎からは15:36発の相模線普通列車で橋本へ。この列車の中では疲れが出たので、寝ました。橋本からは横浜線で八王子へ。八王子からは八高線で高麗川へ向かいます。高麗川行きの列車の中は混雑していて、座ることが出来ませんでした。
高麗川からは18:09発の高崎行きに乗り込みます。珍しく、一人席を確保することができました。すっかり真っ暗になった車窓にディーゼルエンジンの音が混じりあい、なかなか風情があります。倉賀野で下車し、高崎線普通列車の前橋行きに乗り込み、新前橋で下車。これで今回の大回り旅行も終りです。
f0077838_1743261.jpg
相模線 205系(橋本で撮影)



それでは・・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-12-27 17:46 | 旅行
8月17・18日 2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3(小海線・大鉄道博覧会 ほか)第九回
前回は小淵沢までお話しました。今回はそこからです。
小淵沢からは小海線に乗り換えます。車両はJR東日本の新型ハイブリット気動車であるキハE200形です。8月に登場したばかりの新車だけあって、車内は新しげな匂いが漂っていました。車内の感じはE231系のような感じで、JR東日本のスタンダードな内装です。内装の発注メーカーが同じメーカーなのでしょう。たしか天龍工業だったような気が・・・・
f0077838_16253286.jpg
キハE200形(小淵沢で撮影)


清里で一回下車。徒歩でJR線標高最高地点まで行こうとしましたが、かなり歩くことが判明し、JR最高標高駅である野辺山駅まで列車で行くことにしました。しかしながら野辺山駅からも最高地点までは歩くわけで・・・・ タクシーを使うことにしました。このタクシーがまた面白いタクシーでね。タクシーメーターが無いんですよ。料金支払いのときに「支払いはどうするのかな。」と思っていたら、「駅にはなんて書いてありましたか?」と聞かれ、駅の乗車場所に書いてあった料金表の値段を告げたら、その値段になりました。
最高地点では最高地点記念塔と小海線のキハ110系を撮影。近くのそば屋でそばを食べて、国道を歩いて野辺山駅まで引き返すことにしました。f0077838_1753055.jpg
清里駅


f0077838_1775444.jpg
キハE200形(清里で撮影)


f0077838_1785368.jpg
最高地点に立つオベリスク(?)


f0077838_1792524.jpg
最高地点の石碑


f0077838_1795483.jpg
キハ110系(最高地点で撮影)


f0077838_17105922.jpg
昼食のそば


途中、ヤギさんに遭遇し一緒に記念撮影。SLランド(?)みたいなところでゴーカートに乗り、野辺山駅へ。
f0077838_17131043.jpg
ヤギさん


f0077838_17365892.jpg
八ヶ岳


野辺山駅で列車を待つ間、kyaputen_ryotaさんは小淵沢駅で買った駅弁に舌鼓を打っていました。
野辺山駅に到着した気動車はキハ110系。この形式は八高線でもお馴染みなので、あまり新鮮な感じがしません。慣れちゃってるんですよね。f0077838_17143289.jpg
野辺山駅


f0077838_17152836.jpg
キハ110系(野辺山で撮影)


f0077838_17162782.jpg
小海線からの車窓


さてさて次は温泉です。佐久海ノ口駅を下車してすぐのところにある。海ノ口温泉に入浴しました。途中、源泉のような所があったので、お湯に触ってみると「ぬるっ!!」と声を上げてしまいました。30度位しかない源泉でした。
和泉館という旅館で入浴したのですが、料金が350円。お湯のほうは正直言って「・・・・」な感じでしたが、お値段がこの値段ならまぁイイんじゃあないでしょうか。
f0077838_17172957.jpg
海ノ口温泉の源泉(?)


f0077838_17183180.jpg
立ち寄り湯をした「和泉館」


温泉に入浴後は再び小海線に乗車。一気に小諸まで行きます。車内では旅の疲れが出てきたのか、ウトウトしてしまいました。
小諸からはしなの鉄道に乗り換え、軽井沢に向かいます。形式は115系でしたが、JRのものとは内装が違っていて、オリジナルさが出ていて良かったと思います。
f0077838_17205763.jpg
海ノ口駅


f0077838_17212171.jpg
しなの鉄道115系(小諸で撮影)


軽井沢からは新幹線以外の鉄道がありません。生憎、新幹線に乗るお金は無かったので、バスに乗り信越本線横川駅まで向かうことにしました。軽井沢や国道18号碓氷バイパスは霧で全く視界がありませんでしたが、バスは定刻通り横川駅に到着しました。そうそう、言い忘れましたが、このバスの中で峠の釜めしを頂きました。私は駅弁の中で此の峠の釜めしが一番好きです。「駅弁」という言葉を聞いて頭の中で思い浮かべる駅弁は釜めしです。
f0077838_17224621.jpg
霧の軽井沢駅


f0077838_17232775.jpg
軽井沢-横川間のJRバス


f0077838_1724683.jpg
おぎのや「峠の釜めし」


横川からは信越線普通列車で高崎に向かいます。形式は115系。高崎地区の115系だけあって乗りなれており、「帰ってきたぁ」といった感じがします。そんな感じでリラックスしたのか、この列車の中では爆睡。気付くと北高崎を発車するところでした。
高崎からは普通列車で新前橋へ。これで今回の旅も終りです。
f0077838_17252580.jpg
横川駅


f0077838_17264245.jpg
115系(横川で撮影)


「ふぅー」と、ひと段落ついたところでハプニングが! なんと新前橋駅で青春18きっぷを紛失しました。まだ一回分残っており、房総半島旅行をする予定でしたが、おじゃんになってしまいました。まぁ、元は十分にとれたからいいですけど・・・・
___________________________________________________________

この旅行記には大変に時間が掛かってしまいました。大変申し訳ないです。今後はこの様な事が無いように努力しますが、忙しい身の上なので、今後もこの様な事が起こるかもしれません。その時はご理解の程よろしくお願いいたします。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-12-21 17:38 | 旅行
写真は飽きたでしょうか?
読者の皆さんは多分、私のクオリティの低い鉄道写真にはそろそろ飽きてきたかもしれません。そこで今回は動画を張り付けてみました。鉄道車両は動くものですから、動画のほうが楽しいかもしれません。静止画と同じく、動画もクオリティもあまり高いとは言えませんが、どうぞ新鮮な気持ちで見てもらえれば幸いです。
ちなみに動画は12月1日に家族で軽井沢に行きまして、その時に撮影したものです。

しなの鉄道普通列車の信濃追分駅発着シーン


長野新幹線あさま529号の軽井沢駅発着シーン


長野新幹線あさま534号軽井沢駅発着シーン

動画はお楽しみいただけたでしょうか?

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-12-04 22:22 | 旅行
時刻表検定
11月18日に時刻表検定を受けに大宮に行ってきました。
朝は新前橋駅から特急あかぎ4号に乗車。車販でコーヒーを買ったら、通常300円のところ、モーニングサービスということで200円でした。200円でおいしいコーヒーを頂けるなら何時でも買いますが、200円だとチョット躊躇しますね。
大宮からは東武野田線に乗り換え、北大宮へ。そこからは徒歩で試験会場のJA共済ビルへ向かいます。JAビルに入った瞬間に「時刻表検定は地下一階です。」と言われました。私ってそんなに「鉄道ファン」臭が漂っているのでしょうか?
試験会場に入ると、一目で鉄道ファンと分かる方々がいっぱいいました。
試験開始は試験官の時計で行われるのですが、2分進んでいたらしく、10時ちょうどの試験開始が、9時58分に繰り下がりました。ちゃんと時計くらいは合わせてきてほしいですよね。
試験内容としては時刻表全般が出題され、「時刻表の上手な使い方」から「座席表」まで、くまなく出題されました。時間は相当時刻表を使い慣れていないと完全解答できない時間に設定されていて、私は時間が足りませんでした。この検定は「どこまで時刻表を早く引けるか」が焦点になる検定みたいです。
難しい問題は、私的には航空関係の問題が難しかったと思います。日頃は鉄道関係のページしか見ませんですので・・・・ これからは飛行機を使った空想旅行もしなくてはならないのでしょうか?
試験後に解答が配られたのですが、3級にどうにか合格できたみたいです。まぁ、第二種試験では3級までしか合格できませんので、マアマア上出来なのかもしれませんね。
時刻表に自信のある方は受けてみたら如何でしょうか?

帰りに話題の鉄道博物館にも寄ってきましたが、そちらは後ほどお伝えします。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-11-26 17:58 | 旅行
8月17・18日 2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3(小海線・大鉄道博覧会 ほか)第八回
前回はシート案内でしたが、今回から旅行記を書きたいと思います。
快速「ムーンライト信州81号」で白馬に着いたところまで話したと思います。今回はそこからです。
白馬駅の改札を青春18きっぷで抜けようとしたところ、駅員から「指定券は?」と言われました。このような経験は初めてだったので、「えっ、指定券も見せなきゃならないわけ?」と聞き返すと、「そうです。」と言われてしまいました。田舎の駅は本当に不思議ですね。
やはりムーンライト信州の利用客は登山目的の客が多いらしく、白馬駅のベンチはほとんど、大きなリュックを背負った人々でいっぱいでした。私たちは駅舎だけ写真を撮って、再び改札内へ入ります。
f0077838_15128.jpg
白馬駅舎


白馬からは大糸線を塩尻に向かって戻っていきます。朝もやの晴れた湖を再び眺めながら、話に花を咲かせていると、いつしか信濃大町に到着しました。
f0077838_163975.jpg
E127系100番台(白馬で撮影)


f0077838_1111031.jpg
大糸線からの車窓


信濃大町からは快速で塩尻まで行くつもりだったのですが、その列車が大幅に遅れていました。普通乗車券の利用者は特急「スーパーあずさ」で代替輸送してくれることになったのですが、18きっぷはダメとのこと・・・ 私たちが駅員に抗議したら、18きっぷでも乗れることになりました。久しぶりにJRに感動したのでした。
やはり特急の座席はイイ!! リクライニングが最高です。青春18きっぷでリクライニングシートには普通列車自由席のグリーン車でしか乗れないと思っていたのに、追加料金無しで乗れるとは、本当に感激です。緊急時も時と場合によればイイですね。良い経験になりました。
f0077838_11222.jpg
E127系100番台(信濃大町で撮影)


f0077838_1123861.jpg
E351系 特急「スーパーあずさ」(信濃大町で撮影)


特急に乗れたことで、塩尻からの乗る予定だった列車にどうにか間に合いました。塩尻からは中央本線の辰野支線に乗り換えます。列車は「ミニエコー」という愛称の123系電車。一両編成という、超短編成です。駅弁を買って、いざ乗車。辰野までの区間は車窓から谷間の風景が望めます。
f0077838_1133667.jpg
123系 「ミニエコー」(塩尻で撮影)


f0077838_1143270.jpg
「とりめし」弁当(パッケージ)


f0077838_115379.jpg
「とりめし」弁当(中身)


f0077838_116242.jpg
中央本線辰野支線からの車窓


辰野からはJR東海の313系電車で岡谷へ。リクライニングはしませんが、特急列車のような座席配置でした。岡谷では特急「あずさ」のE257系を撮影し、中央本線115系普通列車で小淵沢に向かいます。途中、諏訪湖も少しだけ望めました。
小淵沢からは次回にお伝えします。
f0077838_1155520.jpg
辰野駅舎


f0077838_117559.jpg
岡谷駅舎


f0077838_1174242.jpg
岡谷駅ロータリーから見える、長野自動車道岡谷JCT付近


f0077838_1184455.jpg
115系電車(岡谷で撮影)



それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-11-16 01:24 | 旅行
8月17・18日 2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3(小海線・大鉄道博覧会 ほか)第七回
前回お話しした通り、今回は快速「ムーンライト信州」のシートの話をしたいと思います。
私が乗った時に充当された車両は国鉄色189系(183系かもしれない)幕張車でした。車内は完全にグレードアップ改造された車両です。このグレードアップ車は特急「あずさ・あさま」の高速バス対抗を目的として作られました。
さて、普通車からお話ししましょう。普通車の座席はハイデッキ仕様のフリーストップリクライニングシートです。ハイデッキというのは、通路の部分より座席の部分の床を高くした構造のことで、若干ですが窓からの眺望が良くなります。シートピッチは長時間乗るには狭く感じます。座席下に暖房器具があるため、足も延ばすことができません。シート自体は普通車として良好の部類に入ると思います。また、座席の上には読書灯があり、これは夜間の物書きや読書にかなり便利に使えます。この車両で最大の弱点は窓と座席の配置が合っていない席があることではないでしょうか。自分の席の窓の部分が柱だったらガッカリですよね。せっかくのハイデッキ仕様も台無しです。では、写真をご覧いただきましょう。
f0077838_14721.jpg
普通車座席


f0077838_1474389.jpg
普通車座席バックレスト裏側(快速「足利藤まつり号」で撮影)


お次はグリーン車です。もう20年くらい前のシートになるわけですが、現在でも立派に特急のグリーン車として使えるシートであると思います。JR北海道などの最新グリーン車と比べれば、もちろん見劣りしてしまいますが、JR東日本の中ではまだ十分やっていけます。特急「あかぎ」などの185系グリーンシートに比べればずっとマシです。それにしてもシートがデカイ! 横3列の配置なので、横幅も広いです。クッション性も抜群。硬すぎず、柔らかすぎずのベストな硬さです。シートの上には当然に読書灯を完備。シートピッチも十分です。これで車内灯が白熱球色だったら最高なんですがね。では写真をご覧ください。
f0077838_1491253.jpg
グリーン車二人掛席


f0077838_150134.jpg
グリーン車二人掛席バックレスト裏側


f0077838_1505564.jpg
グリーン車一人掛席の全展開状態


f0077838_1513824.jpg
グリーン車一人掛席バックレスト裏側


f0077838_1521024.jpg
フットレスト



さて、次回からはシート説明ではなく、旅行記が再開します。ご期待ください。
それでは・・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-10-26 01:55 | 旅行