「ほっ」と。キャンペーン
鉄道を中心に日々の出来事や社会現象、植物の事などを記録しています。
<   2007年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
「土・日きっぷ」使用の旅行記(二日目)
二日目

二日目も新前橋からスタートです。まず新前橋から8:05発の特急「あかぎ4号」で高崎に向かいます。たった十分くらいのところで特急を使えるのも「土・日きっぷ」のなせる技なのです。車内では車掌が車内改札にやってきました。「どこまでですか?」と聞かれたので、「高崎までです。」と言いました。普通だったら、恥ずかしくて言えないなぁ~~。
高崎に着いたら、8:39発の上越新幹線「Max とき307号」で新潟に向かいます。車内は混んでいましたが、この列車は指定席を確保しておいたので、ゆうゆうと着座することができました。高崎からはトンネルばかり、風景はあまり楽しめません。高崎駅で購入した「だるま弁当」に舌鼓を打ちます。やがて、国境の長いトンネル(大清水トンネル)を抜け、雪国に入ります。するとすぐに越後湯沢駅に到着。ここで半分位の乗客が降りてゆきました。やっぱりスキー客が多いのですかね?? その後、浦佐を通過した辺りで喉が乾いてきました。なかなか車内販売が来ないので売店でお茶を買うことにしました。「結構歩くのかな?」と思い自動ドアを開け、階段を降りると、そこが売店。本当に助かりました。私の乗っていた8号車には売店があったのですね。
長岡を過ぎたあたりから雪は少なくなり、高速道路との並走を楽しんでから新潟に到着です。
f0077838_2059826.jpg
だるま弁当(パッケージ)


f0077838_20595740.jpg
だるま弁当(中身)


f0077838_212960.jpg
越後湯沢あたりからの車窓


f0077838_212485.jpg
E1系「Max とき307号」の普通車指定座席


f0077838_213504.jpg
E1系「Max とき307号」の普通車指定席車内


f0077838_2152815.jpg
200系とE1系(右が私が乗車した、E1系「Max とき307号」)(新潟で撮影)



新潟に着いたら、今度は10:11発の特急「北越4号」で直江津に向かいます。しかし、乗り換えに少しだけ時間があったので、他の列車の写真も撮ることにしました。唯一、撮れたのが快速「きらきらうえつ」でした。この電車は485系の改造車なのですが、485系の面影はあまりありません。あの優美な赤とクリーム色の国鉄色はいったい何処へいってしまったのでしょうか? 鉄道好きには少し残念なところがあります。さて、話を戻して「北越4号」の話をしましょう。この列車は485系の3000番台を使用しています。この3000番台も改造車なのですが、「きらきらうえつ」のような嫌な改造ではないのです。私は結構この改造は好きです。昔の485系の面影を残しながら、先進のスタイルや装備に改修する・・・ 本当にイイ改造であると思います。私はこの列車ではグリーン車に乗りました。別途、3780円かかりました。この列車のグリーン車は100点満点中75点位でした。どこが悪いかというと、まずフットレストです。シートピッチが広い割にフットレストのサイズが小さいので、足がとどきにくいのです。私の背が小さいせいもあるのかもしれませんが、フットレストが遠いよー。足をピンと伸ばさないと、とどきにくかったです。
もう一点は、座席と窓の配置が合っていないことです。私の座った席はちょうど窓と席の配置があっていない席で、眺めがあまり楽しめませんでした。この二点が主な欠点です。
あと、私が犯した最大のミスは海側の席を取れなかったことです。私の座った席は新潟から新津までは海側(と、いっても海は見えませんが)なのですが、新津からは山側になるのです。良くわからない方は地図を見てください。のった瞬間に「しまった!」と思いました。まぁ、そう思っても後の祭りなわけで・・・・
オーシャンビューは反対側の窓から見えました。荒れていましたが、風情がありました。
新潟から2時間程で直江津に到着です。
f0077838_12522432.jpg
485系特急「北越4号」(これに乗車しました。)(新潟で撮影)


f0077838_12533711.jpg
485系快速「きらきらうえつ」(これには乗車してません。)(新潟で撮影)


f0077838_12545553.jpg
485系特急「北越4号」のグリーン車座席


直江津では乗り換えに時間があるので、街に出ることにしました。しかし、駅の外に出てみると強風が吹いていて、とても歩ける状態ではありませんでした。それなのでタクシーを使います。行き先は「郷土美術博物館」です。この博物館の名は関東地方のロードマップにも乗っている有名な博物館です。と言いたいところなのですが、着いてみればまるで幽霊屋敷。もう経営してないみたいです。そう言えば、タクシーのドライバーも場所がわからなかったみたいで、無線で場所を聞いていました。
さて、郷土美術博物館を後にして海へ行くことにします。途中、直江津中学校とやらがあったのですが、そこも少し幽霊屋敷っぽかったです。潮風に吹かれすぎると、コンクリートが汚くなるのですかね? ちなみに郷土美術博物館もコンクリート造りでした。
直江津中学校を過ぎて、少し歩くといよいよ海が現れます。大しけでした。でも荒波を見ると「冬の日本海」って感じがして、結構、趣があります。海で二・三枚写真を撮った後、駅に引き返すことにしました。途中、郵便局によってお金をおろします。これから乗る「妙高6号」の指定券を買ったら、少しお金がピンチになってしまったのでした。
f0077838_13513128.jpg
直江津駅改札


f0077838_13522910.jpg
日本海

f0077838_13525862.jpg
681系2000番台特急「はくたか」と普通列車(直江津で撮影)


直江津からは、13:13発の「妙高6号」で長野に向かいます。いわゆる「あさま色」の189系。この列車では普通車指定席に乗車しました。当然この列車には自由席車も連結されています。この列車はかなり可笑しい列車でした。普通は指定席車のほうが設備が良く、自由席車はそこそこなのですが、この列車は正反対で、自由席車の設備が良くて、指定席車の設備がそこそこなのです。具体的に言えば、指定席車が簡易リクライニングシート。自由席車がフリーストップリクライニングシートだったのでした。本末転倒ですね。
また、この列車では車掌さんがよく回ってきました。「なぜかな~~?」と思っていたのですが、30分ほど乗車していたら、理由が分かりました。この列車、自由席と間違えて指定席に乗ってくる客が多いのです。だから、車掌さんがよく来たのですね。
1時間30分程で長野に到着です。
f0077838_14103089.jpg
189系「妙高6号」(直江津で撮影)


f0077838_14132622.jpg
「妙高6号」の普通車指定席車内


f0077838_1414125.jpg
「妙高6号」の普通車指定座席


f0077838_14151790.jpg
「妙高6号」の普通車自由席車内


f0077838_1426046.jpg
「妙高6号」からの車窓


f0077838_14272314.jpg
189系「妙高6号」と383系特急「(ワイドビュー)しなの18号」(長野で撮影)


長野からは、長野新幹線に乗り換えます。長野駅で「国産牛肉弁当」を購入し、14:10発の「あさま574号」に乗りました。車内はほぼ満席。私の隣にも人が座りました。車内で「国産牛肉弁当」を食べました。味のほうは「駅弁だなぁ~」というお味。駅弁をあまり食べたことのない人には分かりにくいかもしれませんが、こういう風にしか言い表せません。長野新幹線は思ったより揺れました。50分程で高崎に到着です。
高崎からは、時間があったので上越線普通列車で越後湯沢まで行くことにしました。高崎~水上までは、湘南色の115系に乗車しました。普通列車だけあって、少々マナーの悪い女子高生なども乗車していました。私的に普通列車が嫌いなのはこういうマナーの悪いお客がいるからなのです。渋川を過ぎるとすぐに利根川を渡るのですが、強風のため徐行運転していました。景色はいつしか、田園風景から山岳風景に移り変わり、沼田を過ぎたあたりからは雪景色もチラホラ。「普通なら、もっと雪があるんだろなぁ~」と今年の暖冬のことを考えているうちに終点水上に到着です。高崎から水上の間は1時間程かかりました。
さて、水上からは新潟色の115系に乗って、上越国境を越えます。「客はいないんだろ~な。」と思いつつ乗り込むと以外にも、お客が多数乗っていました。18キッパーが多いようで、車内改札で長細い切符を見せていた客も少しですがいました。新清水トンネル内では、土合駅もしっかりパチリ。トンネルを抜けると、あたりは真っ暗でした。水上から35分程で越後湯沢に到着です。
f0077838_1451557.jpg
E2系「あさま574号」(長野で撮影)


f0077838_1452927.jpg
「あさま574号」の普通車指定座席


f0077838_14525872.jpg
国産牛肉弁当


f0077838_14534149.jpg
上越線115系(左が新潟色、右が湘南色)(水上で撮影)


f0077838_14544757.jpg
115系新潟色の車内


f0077838_14552831.jpg
115系新潟色の座席


f0077838_1511078.jpg
土合駅地下ホーム


越後湯沢では新幹線への乗り換えの時間が少なかったので少し走りました。乗り換え改札に「土・日きっぷ」を通し、新幹線ホームに駆け上がります。どうにか間に合い、18:19発の「Maxたにがわ86号」に乗車することができました。この列車は臨時列車で上野行き。珍しい行き先です。私は高崎で降ります。越後湯沢から高崎はずっとトンネル。トンネルを出ても、一階席&お外真っ暗だったので、何も書くことがありません。30分で高崎に到着しました。高崎からは普通列車で新前橋へ。これで二日間の日程が全て終わりです。
f0077838_1562098.jpg
E4系「Maxたにがわ86号」(越後湯沢で撮影)


f0077838_1572410.jpg
「Maxたにがわ86号」の普通車自由座席


f0077838_1584215.jpg
「Maxたにがわ86号」の普通車一階自由席車内



動画もアップ出来次第、貼り付けていく予定です。ご期待ください。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-03-27 15:23 | 旅行
Suica・PASMO相互利用記念Suicaカードの購入
今日(3月18日)、Suica・PASMO相互利用記念Suicaカードの購入をしに、前橋駅へ行ってきました。そんなにアナウンスされていなかったので、「買いにくる人は2・3人くらいなもんだろう。」と、思っていたのですが、意外にも前橋駅のみどりの窓口前には長蛇の列が出来ていました。凄いですよね。私はギリギリで購入することができました。ヲタだけしか買わないと思うかもしれませんが、これも意外に一般の人が購入していました。私は10分前頃から並んでいたのですが、買えた人の中では列の最後のほうでした。中には転売目的なのか分かりませんが、何枚も買っていく方もいました。まぁ、一人5枚まで買えるので悪いわけではないんですがね。また、私の番の直前で列に割り込みをしようとした人がいたので、キレてしまいました。(笑) 本当に割り込みしてくる人には怒りを覚えます。
あと、新しいSuicaには自分の名前をカード表面にプリントできるサービスがあるので、早速利用させていただきました。でも、名前を入れるのは私が最初なのか、駅員さんは機器の操作方法が良く分かっていないようでしたね。しっかりとリハーサルしておいてほしいものです。
f0077838_1283667.jpg



また、「土・日きっぷ」使用の旅行記(二日目)は現在、鋭意制作中です。もう少々お待ち下さい。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-03-18 12:18 | 日常
「土・日きっぷ」使用の旅行記(一日目)
前回お知らせしたように、受験も終わったので、チョットした旅行に行ってきました。旅行と言っても鉄道がメインの旅でしたので、ほとんど新幹線や電車に乗っていました。
JR東日本には「土・日きっぷ」というものがあるので、これを使って旅行をしてきました。
「土・日きっぷ」とは土曜・日曜の連続する二日間、新幹線や特急などの自由席に乗り放題の切符です。指定席も4回までなら乗ることができます。勿論、快速や普通列車だって乗れます。中高生は9000円だったので、早速利用してきたわけです。(大人は18000円です。これだとチョット高い気もしますが・・・)

一日目


経路図(新前橋→新庄)


まず新前橋から普通電車で高崎に向かいます。新幹線に乗り換えるためです。普通電車の形式はE231系。湘南新宿ラインでした。この列車、グリーン車を連結していたのですが、さすがの私でも乗りませんでした。高が10分くらいのところで、550円を支払うのは勿体ないですからね。(「土・日きっぷ」でグリーン車に乗る場合は別料金になります。)
高崎からは、6:47発の長野新幹線「あさま500号」で東京に向かいます。形式はE2系0番台。こちらの列車ではグリーン車に乗車しました。別途4400円かかったわけですが、それ相応の価値は十分にありましたね。なんと言っても、そのシートのデカさに感激です。それから、リクライニングの傾斜角度の大きさ。可動式の枕。どれをとっても100点満点中100点の車内なのですが、一つ難点を言えば、車内の空気に圧倒されることです。ハッキリ言って気疲れします。まぁ、乗り慣れれば問題ないのかもしれませんが・・・・
また車内では食事もとりました。高崎弁当が発売している「上州の朝がゆ」を食べたのですが、この弁当のリーズナブルさに、またまた感激。なんと、350円なのです!! 近頃の駅弁にしては破格の値段です。おかゆに小さな海老と栗が2個ずつ入っている弁当なので、値段相応と言えばそれまでなのですがね。
大宮で半分くらいの乗客が降りていきました。
f0077838_16353923.jpg
乗車した、E2系「あさま500号」(東京で撮影)




f0077838_1636511.jpg
あさまのグリーン車座席

f0077838_16372870.jpg
あさまのグリーン車内


f0077838_163873.jpg
上州の朝がゆ(パッケージ)


f0077838_16385592.jpg
上州の朝がゆ(中身)



東京に着いたら、今度は7:56発の東北新幹線「はやて5号」に乗り換え古川に向かいます。こちらの車両はE2系・E3系を両方連結していました。E3系は秋田新幹線「こまち」としても運転されています。私はE3系のほうに乗車しました。なぜかというとE3系の12・13・14号車は、昔、自由席と指定席が混在していた時代(現在は全車指定席)の指定席車で、車内設備が元自由席車より優れているからです。具体的にいえば、シートピッチとリクライニング角度が大きいのだとか。私は12号車に乗車しました。
この列車、東京でほとんどの座席が埋まるのかと思っていたのですが、大宮からの乗客が予想に反して多かったです。上越・長野新幹線からの乗り換え客が多いのでしょうか?
それにしても東北新幹線は早い! 270キロくらい出すみたいです。アッというまに古川に到着です。
f0077838_16554379.jpg
E2系とE3系の連結部(メインに写っているのがE3系です。)


f0077838_16574757.jpg
E3系の車内


f0077838_16582842.jpg
E3系の座席




古川からは、陸羽東線に乗り換えて新庄に向かいます。陸羽東線は電化されていないので、気動車がホームに入線してきました。私は気動車については知識不足で形式などは分かりませんでしたが、新しめの車両でした。(追記:キハ110系っていう形式みたいです。)この陸羽東線に乗ってローカル線の良さを確認できました。私は今までローカル線は好きではなかったのですが、この線にのって正直言って好きになってしまいました(笑) 雪景色がたまりません。あと、碓氷峠の旧線廃線のようなトンネルが現役で活躍しているところにも感動を覚えました。ローカル線って、結構イイものなんですねぇ~~。
鳴子温泉駅で後ろより二両が切り離しになるので、一両目に乗車しました。運転台からの風景はたまりませんね。
二時間ほどで新庄に到着です。
f0077838_17123153.jpg
古川駅


f0077838_17132491.jpg
古川駅の陸羽東線のりば入口




f0077838_1714160.jpg
陸羽東線の気動車(鳴子温泉で撮影)


f0077838_17144037.jpg
気動車の車内



経路図(新庄→新前橋)


新庄では山形新幹線への乗り換えに一時間以上時間があるので、改札外に出てみることにしました。街へも行こうと思ったのですが、昼食と駅でやってた物産フェスティバルに時間を費やしてしまい。結局、コンビニくらいしかいけませんでした。
昼食は新庄名物「板そば」をいただきました。味のほうは、コシはあるのですがソバの香りが少なかったです。隣でおじいさんと店員が話していた話では、そばとつなぎの割合が8:2くらいだそうです。八二蕎麦にしてはソバの香りが少ない気がしました。少し残念でしたね。点数にすると100点満点中75点くらいなもんでした。
f0077838_172797.jpg
新庄駅


f0077838_17274328.jpg
新庄名物「板そば」



帰りは新庄駅から、13:16発の山形新幹線「つばさ118号」に乗り大宮へ向かいます。普通車自由席に乗車しました。シートは赤とピンクの境目のような色で、なかなか派手でした。まぁ、JR九州の車両たちには負けるでしょうがね(笑) 新庄ではあまり乗客は乗ってきませんでしたが、山形を過ぎる頃には、ほぼ満席になりました。福島までは奥羽本線の路線を走るので時間がかかりましたが、福島からは「さすが、フル規格!!」といった感じでブッ飛ばし、すぐに大宮に着いたのでした。
大宮からは高崎に向かうため、16:38発の「Max とき333号」に乗り換えます。この列車の指定はとらなかったので、自由席に乗ることになるのですが、全て満席。普通ならここで「立つしかない。」と思うかもしれませんが、ここからが鉄道好きの技の見せどころです。実は、「Max」の車両にはデッキに補助席があるのです。普段、補助席は乗降口付近の壁に折りたたまれて収納されていて、それを引き出すとイスが出てくる仕組みになっています。補助席の壁には取っ手があるだけで、説明書きも無いので普通の人にはあまり知られてないみたいです。私はそこに座り、ゆうゆう(?)と高崎まで帰ってきました。
高崎からは在来線普通電車で新前橋まで帰ります。この列車にはグリーン車がまたまた連結されていました。私はとうとうグリーン車の誘惑に負け、乗りこんだのです。「終点は前橋、まさか車内改札は来ないだろう。」と思い、グリーン券を購入せずに乗り込んだのですが、この判断がミスりました。高崎を発車してしばらくすると、後ろのほうで扉の開く音がして、GA(グリーンアテンダント)さんがしっかり車内改札。私は車内料金で800円支払うハメになりました(苦笑)
f0077838_1758121.jpg
400系「つばさ118号」(新庄で撮影)


f0077838_17591562.jpg
400系つばさの普通車内


f0077838_180156.jpg
400系つばさの座席


f0077838_1813115.jpg
400系つばさのグリーン車座席(グリーン車には乗車しませんでした。)




f0077838_1822073.jpg
E1系「Max とき333号」(大宮で撮影)


と、まぁ、こんな感じで一日目は終了しました。二日目もご期待ください!!
また、ビデオもアップ出来次第、どんどん貼り付けていく予定です。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-03-16 18:12 | 旅行
受験が終わりました。
昨日、公立入試の2日目があり、これで全ての受験が終わりました。昨日・一昨日の出来栄えは「自分なりにベストを尽くしました。」って感じです。これまでの受験勉強は長くて、本当に嫌だったのですが、受験勉強から解放された今は何故か虚無感があります。一応、勉強が習慣になっていたので、それが崩れたからなのでしょうか。しかし、これからも勉強はありますので、この感じはすぐに消え去るものと思っております。
話は変わりますが、今日・明日はチョットした旅行に行ってきます。帰ってきたらレポートを書くので、よろしくお願いします。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-03-10 05:12 | 日常
三月です
2007年も3月に入りました。年々、時間が過ぎるのが早く感じられます。ある方からこんな話を聞きました。歳を取るにつれ一年が早く感じられるのは、人生に対する一年の割合の大きさが違ってくるからなのだそうです。7歳の人の一年の割合は7分の1ですが、50歳の人の一年は50分の1です。それだけ歳を取った人間は一年を早く感じるのだそうです。
これは一人の意見かもしれませんが、私は少し納得してしまいました。確かにそう考えると、歳を取るにつれ一年が早く感じられることが説明づけられます。科学的ではないかもしれませんが、良い意見だと思いました。
皆さんも、少し考えてみてはいかがでしょうか??

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-03-02 20:44 | 日常