鉄道を中心に日々の出来事や社会現象、植物の事などを記録しています。
<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
8月17・18日 2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3(小海線・大鉄道博覧会 ほか)第七回
前回お話しした通り、今回は快速「ムーンライト信州」のシートの話をしたいと思います。
私が乗った時に充当された車両は国鉄色189系(183系かもしれない)幕張車でした。車内は完全にグレードアップ改造された車両です。このグレードアップ車は特急「あずさ・あさま」の高速バス対抗を目的として作られました。
さて、普通車からお話ししましょう。普通車の座席はハイデッキ仕様のフリーストップリクライニングシートです。ハイデッキというのは、通路の部分より座席の部分の床を高くした構造のことで、若干ですが窓からの眺望が良くなります。シートピッチは長時間乗るには狭く感じます。座席下に暖房器具があるため、足も延ばすことができません。シート自体は普通車として良好の部類に入ると思います。また、座席の上には読書灯があり、これは夜間の物書きや読書にかなり便利に使えます。この車両で最大の弱点は窓と座席の配置が合っていない席があることではないでしょうか。自分の席の窓の部分が柱だったらガッカリですよね。せっかくのハイデッキ仕様も台無しです。では、写真をご覧いただきましょう。
f0077838_14721.jpg
普通車座席


f0077838_1474389.jpg
普通車座席バックレスト裏側(快速「足利藤まつり号」で撮影)


お次はグリーン車です。もう20年くらい前のシートになるわけですが、現在でも立派に特急のグリーン車として使えるシートであると思います。JR北海道などの最新グリーン車と比べれば、もちろん見劣りしてしまいますが、JR東日本の中ではまだ十分やっていけます。特急「あかぎ」などの185系グリーンシートに比べればずっとマシです。それにしてもシートがデカイ! 横3列の配置なので、横幅も広いです。クッション性も抜群。硬すぎず、柔らかすぎずのベストな硬さです。シートの上には当然に読書灯を完備。シートピッチも十分です。これで車内灯が白熱球色だったら最高なんですがね。では写真をご覧ください。
f0077838_1491253.jpg
グリーン車二人掛席


f0077838_150134.jpg
グリーン車二人掛席バックレスト裏側


f0077838_1505564.jpg
グリーン車一人掛席の全展開状態


f0077838_1513824.jpg
グリーン車一人掛席バックレスト裏側


f0077838_1521024.jpg
フットレスト



さて、次回からはシート説明ではなく、旅行記が再開します。ご期待ください。
それでは・・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-10-26 01:55 | 旅行
8月17・18日 2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3(小海線・大鉄道博覧会 ほか)第六回
さて、夜の主役、快速「ムーンライト信州81号」白馬行きの登場です。車両形式は189系(もしかしたら183系かもしれません)。特急車両に指定席料金510円だけで乗れてしまうなんて感激です。しかも乗車時間が長い! 国鉄型特急車両好きの私にはたまらない贅沢です。ここで、グリーン車に乗れたら発狂するかもしれませんが、あいにく「青春18きっぷ」では指定席グリーン車に乗れないのでセーフでした。
f0077838_1844343.jpg
189系 快速「ムーンライト信州81号」(新宿で撮影)


f0077838_18462367.jpg
ムーンライト信州81号の方向幕


中央線人身事故の影響で、15分ほど遅れて出発。0:15の発車でした。暫くすると車掌さんが到来。車内アナウンスの前にメロディが鳴らなかったので、車掌さんに聞いてみたところ、機械を取っ払っちゃたらしく、メロディは流せないとのことでした。残念。車掌さんに指定券と青春18きっぷに押印してもらうと、群馬県在住のとある鉄道ファンのブログの管理人であるkyaputen_ryotaさん(以下、ryotaさんと省略)はアイマスクを付けて、睡眠体制に。私は中央本線に初めて乗るので、小淵沢まで起きていることにしました。とは言っても、お外は真っ暗。八王子を過ぎると、中央自動車道や国道20号線の明かりしか見えなくなります。私は車内で、前日に買った「大鉄道博覧会の目録」を読んでいました。この列車には嬉しいことに読書灯がついていて、快適に本を読むことができました。ペラペラと読んでいくと、集団就職の頁を発見。私は当時の集団就職者と同じ年齢になるわけですが、置かれている立場が全く違います。たぶん、彼らも夜汽車の中で私たちが見ているのと同じ、漆黒の闇夜を見ていたのだと思いますが、どういった心境だったのでしょうか。そんなことを考えて物思いに耽ってみたりしましたが、ここで私の悪い性格が発動。約50年前の彼らは当然に三等車の堅いシートにお座りだったと思いますが、私たちは特急型電車の普通車リクライニングシートに座っているわけです。そう思うと、顔がニタニタしてきて、挙句の果てには集団就職列車を片目に当時のキハ81系特急「はつかり」の一等車から降り立つ妄想をしたりして、完全に自分の世界に入り込んでしまったのでした。本当にこの悪い性格は直さなきゃいけませんね。
そんなことをしているうちに列車は甲府に停車。甲府を過ぎると、夜に強い私でも流石に眠くなってきて、所々眠ってしまいました。最後に小淵沢の駅票を見届けて爆睡。次に目覚めたのは松本到着前でした。外は夜が明け始めていて、薄っすらと明るくなっています。松本を過ぎると大糸線に入りローカルな風景が望めます。信濃大町を過ぎると湖があり、薄っすらと朝靄(あさもや)がかかった湖畔の風景には少なからず感動を覚えました。
その美しい風景を過ぎると、終点白馬に到着。本当に長い乗車でした。6時間近くは乗っていたと思います。流石にリクライニングシートでも辛かったです。
f0077838_18472922.jpg
車内で食べた、木村屋のあんぱん


以下、三枚は信濃大町~白馬間で見られる湖の景色

f0077838_18502039.jpg



f0077838_18505937.jpg



f0077838_18514774.jpg



f0077838_1854467.jpg
189系 快速「ムーンライト信州81号」(白馬で撮影)


f0077838_18552221.jpg
ムーンライト信州81号のヘッドマーク



今回はここまでにしようと思います。
次回は、ムーンライト信州のシートについてお話ししようと思います。ご期待ください。

それでは・・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-10-22 19:00 | 旅行
未投稿ネタが溜まりすぎだぁ!
もうすっかり秋らしくなった今日この頃、私は一昨日に今シーズン(2007年度秋・冬)最初の風をひいてしまいました。鼻水が辛いので、鼻炎の薬でカバーしましたが、それは昨日の話で・・・・ 風邪初日の一昨日は大変な思いでした。BOXティッシュ2箱は使いましたね。

それにしても、この頃、未投稿ネタが溜まっています。「8月17・18日 2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3」シリーズを細切れにしすぎたのかもしれません。「一日目」と「二日目」の二部構成にすればよかったと後悔しています。
溜まっているのは「8月17・18日 2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3」シリーズだけではありません。他にも、大回り乗車記や臨時列車撮影記。鉄道ネタだけに限らず、サイクリングネタも溜まってります。
さて、これらのネタをすべてこのブログに発表するのか、それとも秀逸なネタだけ発表するのか・・・・ 現在、悩んでおります。今までのペースでこれら全てのネタを発表すると、多分、12月いっぱいまでかかると思います。
それなら、ペースを上げてブログ投稿に集中しろ! と、思うかも知れませんが、学校の勉強もあるし、この秋は沢山に検定を受けることになっているので、それは多分出来ないでしょう。
やはり、こう考えてみると、サイクリングネタは今秋に限って封印するべきなのではないかと思います。このブログで一番伝えたいことは「鉄道」です。サイクリングの楽しさも皆さんに伝えたいのですが、やはり私が一番書きたいことは「鉄道」なのです。読者の皆様にサイクリングの楽しさを伝えられなくて、本当に申し訳ないと思っております。
サイクリングネタについては来春からご期待ください。
実はサイクリングネタの一つが、下書きのところまで完成しているのですが、削除することにします。がんばって書きましたが、仕様がありませんね。「鉄道」のことを伝えるには致し方ないことです。

今後とも、「PLANT DIARY」をよろしくお願いいたします。

それでは・・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-10-22 02:14 | 日常
学割に感激
どうも、ご無沙汰しております。今日は学割の話をしたいと思います。ここで言う学割は、JRの学生生徒旅客運賃割引証のことです。まぁ、話を聞いてください。
11月に所要のため東京に行くのですが、今回は所要により下車しなければなりません。下車するとなると当然に付きまとうのが、割高な運賃。でも、生徒には学割という強い味方があります。私もそれを発券してもらうべく、学校の事務室へ向かいました。と、まぁそんなことはどうでもイイのです。肝心なのはその発券手順。まず、事務室で学割証発見申込書に名前や行き先などを書き込みます。その後、家に持ち帰り保護者印を。そして翌日に担任印をもらいます。そこまではまだ我慢できるのですが、その後が問題なのです。あともう一つ生徒指導印を押してもらわなければならないのです。「ってか、生徒指導ってだれ?」と思い、担任の先生に聞いてみると、探してくれました。しかし、生憎の不在。代わりに学年主任の先生に印を押してもらい、事なきを得ましたが、学割証の発券ってこんなにも面倒なものなのでしょうか? もう、うんざりですよ。たった何百円かの割引のためにこんなにも面倒な手順を踏むのはもう嫌です。ある意味、学割に感激しました。
皆さんも、比較的短距離での学割発券にはご注意ください。

それでは・・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-10-17 02:50 | 日常
8月17・18日 2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3(小海線・大鉄道博覧会 ほか)第五回
今回で五回目。なかなか前に進まない旅行記ですが、まぁ我慢して読んでいただけると幸いです。久しぶりの大旅行だったので、書きたいことがたくさんあるんですよね・・・・
さて、新幹線撮影を終えた私たちは栄松堂書店に向かいました。この本屋も神田の書泉グランデと同じく、鉄道書籍の品ぞろえが豊富なことで有名です。「群馬県在住のとある鉄道ファンのブログ」の管理人であらせられるkyaputen_ryotaさん(以下、ryotaさんと省略)は鉄道ファンを購入していました。実はこの栄松堂さんは鉄道系雑誌を一般の発売日前に販売してしまうのです。ryotaさんが購入した鉄道ファンも、この時は一般の書店で発売していないものでした。なんか、発売日前に買えるなんて、優越感を感じちゃいますよね。
その後は夕食。色々と店を探した揚句、東京駅地下街の「番外地」というラーメン屋に入りました。ここのラーメンはなかなかの味だったと思います。スープまでしっかり飲ませていただきました。
f0077838_1331426.jpg
東京駅地下街のラーメン店「番外地」


f0077838_13426.jpg
私が注文した味噌ラーメン(?)


夕食後は東京駅から中央線快速に乗って新宿へ。E233系に初めて乗ることができました。車内の感じは山手線を走っているE231系500番台に似たような感じです。この列車の車内でryotaさんが、S字フックを吊革棒に引っ掛け、荷物を吊るすという旅慣れた感じの技を披露してくれました。しかし、S字フックの耐久性が無かったらしく、「ドサーン」と荷物が床に落ちてし合いました。少し恥ずかしかったですね。
新宿では都庁の展望台に行くことにしました。しかし、その前に私の便意が催してきたので、ビックカメラで排便。そうそう、私はウォシュレットがないと排便できないタイプなので、ビックカメラのトイレにウォシュレットが付いていたのには助かりました。
排便も終え、いよいよ都庁に出発です。夜の新宿だけあって、通りを歩くのは怖かったのですが、特に何事もなく無事に都庁に付きました。
f0077838_1353673.jpg
損保ジャパン本社ビル


f0077838_1363420.jpg
中央は新宿センタービル(?)


f0077838_1393749.jpg
西新宿の一交差点


f0077838_14163.jpg
東京都庁舎


都庁展望台へは地下入口から入ります。入口で手荷物検査がありました。荷物か多かっただけに、少々説明に苦労しましたが、無事にスルーできました。エレベータは普通の高速エレベータです。我が群馬県庁のように展望エレベータがあると観光的には良いと思いますが、どうなのでしょうか。45階展望台に到着すると、大東京の素晴らしい夜景が見渡せます。展望台には外人のお客が多いようでした。

以下、8枚の写真は都庁舎展望台からの夜景

f0077838_1462319.jpg



f0077838_1465657.jpg



f0077838_1471280.jpg



f0077838_1475097.jpg



f0077838_148973.jpg



f0077838_1484375.jpg



f0077838_149178.jpg



f0077838_1492255.jpg



展望台を後にした私たちは再び新宿駅に戻ります。都庁から新宿駅に戻る間をタクシーに乗ろうと思ったのですが、みんな回送表示。ようやく見つけた一台にも、「新宿駅まで乗せてください。」と、言ったとたん「あぁ、この道まっすぐね。」と言われ、断られました。この時間のタクシーは商売する気がないのでしょうか。
新宿からは、いよいよ今夜の主役列車である「快速ムーンライト信州81号」に乗りますが、それはまた次回にします。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-10-03 01:54 | 旅行
10月です。
2007年もいよいよ残りが少なくなってきました。もう10月です。正月が昨日のように感じられるのは私だけでしょうか?
なんか、この頃、急に秋らしくなった感じです。私の学校は2学期制を採用していますので、9月28日に前期終業式がありました。秋休みがあるわけでもなく、今日10月1日から後期が始まりました。二学期制のメリットってそもそも何なのでしょうか? 別にテストの回数が減るわけでもあるまいし、夏休みが少なくなるわけでもありません。理由として考えられるのは、通知表を書く回数を一回減らし、先生方の負担を軽減させることぐらいでしょうか。

話は変わりますが、数年前人気を博した映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編である、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」が11月3日に公開されます。別に私が気にする映画でもないのですが、今回は気になるんです。なぜなら劇中に151系の特急「こだま」が登場。151系電車は私が好きな電車でもあるので、観に行きたいのです。多分、CGでの再現だとは思いますが、どこまで151系のディテールを再現出来ているかのチェックを込めて、お金があれば見に行ってきます。
youtubeにアップされていた予告動画のURLを貼り付けておきます。(動画の中に出てくる赤い電車が151系です。)
http://jp.youtube.com/watch?v=99fWx5q2qTw

「8月17・18日 2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3」の続編は只今鋭意制作中です。もう少々お待ち下さい。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-10-01 19:07 | 日常