「ほっ」と。キャンペーン
鉄道を中心に日々の出来事や社会現象、植物の事などを記録しています。
<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
10月13日 大回り旅行(特急おはようとちぎ号・E217系)
もう、だいぶ前の話になり、詳細も覚えていないのですが、覚えている限りでお話しします。
10月13日に「特急おはようとちぎ号」と「E217系グリーン車」乗車のための大回り乗車に行ってきました。
今回は前橋からスタートします。前橋7:05発の115系使用の普通列車で小山へ。この列車と路線にはいつも乗車しているので、必ずと言っていいほど寝ます。途中、桐生で183系運行の「旅のプレゼント号」に遭遇。すれ違いざまに写真を撮ろうとしましたが、あまち上手な写真は撮れませんでした。その後も熟睡し、小山には8:40着。
f0077838_17282269.jpg
183系 旅のプレゼント号(桐生で撮影)


お次は今回の目的の一つである8:56発「特急おはようとちぎ4号」に乗車します。新宿行きということで、185系田町車が使われていました。勿論、グリーン車に乗車。車内は一見グリーン車といった感じはしません。普通車の様な座席が並んでいます。座ってみて初めて、グリーン車の座席だと分かるような感じです。185系大宮車と違って、国鉄型のシートをリニューアルしたわけではなく、座席自体を交換してあります。
では感想を言います。率直に言わせてもらって「これがグリーン車の座席か!?」といった感じです。センターアームレストはないし、フットレストは土足用一面しかないし・・・・ これにグリーン料金を払うのは損ですよ。
逆にグリーン車らしいところを言えば、シートピッチが広いこと、リクライニング角度が大きいこと、車内にグリーン車らしい空気が漂っていることでしょうか。まぁ、グリーン車としての最低限度の装備ということですね。
まぁ、こんなグリーン車でしたが、一度くらいは乗ってみるのもいいかもしれません。
グリーン車の車内には私を含め3人程乗っていました。そのうちの一人は車掌が来ると、間違ってグリーン券を買ってしまったと告げ、普通車に移っていきました。もしかしたら予想以上のグリーン車の悪さにガッカリしてしまったのかもしれません。2人になった車内は大宮を過ぎ、何時しか新宿に。新宿には10:09着。
f0077838_17291328.jpg
特急おはようとちぎ号グリーン車内


f0077838_17302447.jpg
特急おはようとちぎ号グリーン車内


f0077838_17311595.jpg
グリーン車座席


f0077838_17331623.jpg
バックレスト裏側


f0077838_17334671.jpg
フットレスト


f0077838_17342081.jpg
客席入り口ドアのグリーン車表示


f0077838_1735843.jpg
185系 おはようとちぎ4号(新宿で撮影)


新宿からは総武各停に乗り、秋葉原へ。秋葉原からは京浜東北で上野に向かいます。都心の電車は然程人がおらず、十分に座れました。
上野からは10:52発E531系使用の普通電車で安孫子へ。グリーン車に乗ろうと思ったのですが、短距離なのでパスさせていただきました。この電車は立ち客が出るほど混みあっていました。安孫子には11:26着。
安孫子からは11:46発E231系使用の普通電車で成田に向かいます。私が席を座った後に中学生がドサッと乗ってきました。中学生ってのはいいですね。いろいろな意味で・・・・
2・3駅過ぎたあたりで中学生たちが下車し、車内には静寂が訪れます。静かになるのはイイですが、目には寂しい・・・・ あぁ、何言ってんだか。
1時間ちょっとで成田に到着。12:27着。
f0077838_17362723.jpg
成田線 E231系(成田で撮影)


成田からは今回の第二目的のE217系グリーン車乗車となります。駅のNEW DAYSで幕の内弁当を買い、13:13発の快速横須賀行きに乗り込みます。成田空港から乗ってくる客は意外と少なく、3・4人乗っているだけでした。E217のグリーンには初乗車ということで、二階席に腰を下ろします。私の感想としては、普通列車グリーン車の中で一番高級感のある座席だと思いました。まずモケットに高級感があります。211系のグリーン車よりシートサイズもデカイですし、E231やE531よりフカフカしています。フットレストはないですし、リクライニングも特急のグリーン車より浅いですが、普通列車のグリーン車としては十二分です。私はE217のグリーン車が普通列車グリーンの中で最高のものと認識しています。
座席に腰掛け、弁当を開封し、暫くするとアテンダントさんが「お食事中失礼いたします。グリーン券を拝見させていただきます。」と丁寧に挨拶し、車内改札に現れました。こんなアテンダントさんの丁寧な接客も弁当を一層おいしくさせます。二階席からの展望も最高です。
千葉を過ぎるとグリーン車はほぼ満席に、子供も乗ってきて車内は一層騒がしくなるのですが、何故かこの日は苛々しませんでした。E217系のグリーン車には不思議な力があるのかもしれません。
品川を過ぎて暫くすると新幹線と並走。700系新幹線が悠々と追い越していきます。新幹線との並走を楽しむと横浜に到着。横浜を出ると、横浜独特の地形が目を楽しませます。戸塚を過ぎると、もうすぐE217系グリーン車も終りです。大船、15:13着。
f0077838_1738583.jpg
E217系(成田で撮影)


f0077838_17393166.jpg
E217系グリーン車内


f0077838_17405283.jpg
グリーン車座席


f0077838_17413753.jpg
バックレスト裏側

f0077838_17421720.jpg
車内で食べた弁当


大船からは驚異の秒速乗り換えで、15:13の快速アクティーに乗車。ホームで走っていたら駅員に「危ないですから、走らないでくだぁさぁ~い。」とマイクで放送されましたが、「おれはグリーン車の乗客だぜぇ!」といった勢いで、お構い無しにホームを駆け抜けます。乗車したアクティーは211系。この列車で茅ヶ崎まで行きます。
茅ヶ崎からは15:36発の相模線普通列車で橋本へ。この列車の中では疲れが出たので、寝ました。橋本からは横浜線で八王子へ。八王子からは八高線で高麗川へ向かいます。高麗川行きの列車の中は混雑していて、座ることが出来ませんでした。
高麗川からは18:09発の高崎行きに乗り込みます。珍しく、一人席を確保することができました。すっかり真っ暗になった車窓にディーゼルエンジンの音が混じりあい、なかなか風情があります。倉賀野で下車し、高崎線普通列車の前橋行きに乗り込み、新前橋で下車。これで今回の大回り旅行も終りです。
f0077838_1743261.jpg
相模線 205系(橋本で撮影)



それでは・・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-12-27 17:46 | 旅行
8月17・18日 2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3(小海線・大鉄道博覧会 ほか)第九回
前回は小淵沢までお話しました。今回はそこからです。
小淵沢からは小海線に乗り換えます。車両はJR東日本の新型ハイブリット気動車であるキハE200形です。8月に登場したばかりの新車だけあって、車内は新しげな匂いが漂っていました。車内の感じはE231系のような感じで、JR東日本のスタンダードな内装です。内装の発注メーカーが同じメーカーなのでしょう。たしか天龍工業だったような気が・・・・
f0077838_16253286.jpg
キハE200形(小淵沢で撮影)


清里で一回下車。徒歩でJR線標高最高地点まで行こうとしましたが、かなり歩くことが判明し、JR最高標高駅である野辺山駅まで列車で行くことにしました。しかしながら野辺山駅からも最高地点までは歩くわけで・・・・ タクシーを使うことにしました。このタクシーがまた面白いタクシーでね。タクシーメーターが無いんですよ。料金支払いのときに「支払いはどうするのかな。」と思っていたら、「駅にはなんて書いてありましたか?」と聞かれ、駅の乗車場所に書いてあった料金表の値段を告げたら、その値段になりました。
最高地点では最高地点記念塔と小海線のキハ110系を撮影。近くのそば屋でそばを食べて、国道を歩いて野辺山駅まで引き返すことにしました。f0077838_1753055.jpg
清里駅


f0077838_1775444.jpg
キハE200形(清里で撮影)


f0077838_1785368.jpg
最高地点に立つオベリスク(?)


f0077838_1792524.jpg
最高地点の石碑


f0077838_1795483.jpg
キハ110系(最高地点で撮影)


f0077838_17105922.jpg
昼食のそば


途中、ヤギさんに遭遇し一緒に記念撮影。SLランド(?)みたいなところでゴーカートに乗り、野辺山駅へ。
f0077838_17131043.jpg
ヤギさん


f0077838_17365892.jpg
八ヶ岳


野辺山駅で列車を待つ間、kyaputen_ryotaさんは小淵沢駅で買った駅弁に舌鼓を打っていました。
野辺山駅に到着した気動車はキハ110系。この形式は八高線でもお馴染みなので、あまり新鮮な感じがしません。慣れちゃってるんですよね。f0077838_17143289.jpg
野辺山駅


f0077838_17152836.jpg
キハ110系(野辺山で撮影)


f0077838_17162782.jpg
小海線からの車窓


さてさて次は温泉です。佐久海ノ口駅を下車してすぐのところにある。海ノ口温泉に入浴しました。途中、源泉のような所があったので、お湯に触ってみると「ぬるっ!!」と声を上げてしまいました。30度位しかない源泉でした。
和泉館という旅館で入浴したのですが、料金が350円。お湯のほうは正直言って「・・・・」な感じでしたが、お値段がこの値段ならまぁイイんじゃあないでしょうか。
f0077838_17172957.jpg
海ノ口温泉の源泉(?)


f0077838_17183180.jpg
立ち寄り湯をした「和泉館」


温泉に入浴後は再び小海線に乗車。一気に小諸まで行きます。車内では旅の疲れが出てきたのか、ウトウトしてしまいました。
小諸からはしなの鉄道に乗り換え、軽井沢に向かいます。形式は115系でしたが、JRのものとは内装が違っていて、オリジナルさが出ていて良かったと思います。
f0077838_17205763.jpg
海ノ口駅


f0077838_17212171.jpg
しなの鉄道115系(小諸で撮影)


軽井沢からは新幹線以外の鉄道がありません。生憎、新幹線に乗るお金は無かったので、バスに乗り信越本線横川駅まで向かうことにしました。軽井沢や国道18号碓氷バイパスは霧で全く視界がありませんでしたが、バスは定刻通り横川駅に到着しました。そうそう、言い忘れましたが、このバスの中で峠の釜めしを頂きました。私は駅弁の中で此の峠の釜めしが一番好きです。「駅弁」という言葉を聞いて頭の中で思い浮かべる駅弁は釜めしです。
f0077838_17224621.jpg
霧の軽井沢駅


f0077838_17232775.jpg
軽井沢-横川間のJRバス


f0077838_1724683.jpg
おぎのや「峠の釜めし」


横川からは信越線普通列車で高崎に向かいます。形式は115系。高崎地区の115系だけあって乗りなれており、「帰ってきたぁ」といった感じがします。そんな感じでリラックスしたのか、この列車の中では爆睡。気付くと北高崎を発車するところでした。
高崎からは普通列車で新前橋へ。これで今回の旅も終りです。
f0077838_17252580.jpg
横川駅


f0077838_17264245.jpg
115系(横川で撮影)


「ふぅー」と、ひと段落ついたところでハプニングが! なんと新前橋駅で青春18きっぷを紛失しました。まだ一回分残っており、房総半島旅行をする予定でしたが、おじゃんになってしまいました。まぁ、元は十分にとれたからいいですけど・・・・
___________________________________________________________

この旅行記には大変に時間が掛かってしまいました。大変申し訳ないです。今後はこの様な事が無いように努力しますが、忙しい身の上なので、今後もこの様な事が起こるかもしれません。その時はご理解の程よろしくお願いいたします。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-12-21 17:38 | 旅行
ごめんなさい
読者の皆様におかれましては、近頃更新が滞り大変申し訳なく思っております。
年末ということもあって、私の身辺がゴタゴタしており、更新がスムーズにできない状態になっております。
近日中に「8月17・18日 2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3 第九回」をアップします。文章の下書きはもう既に出来上がっているので、今週中には必ずアップします。ちなみに「8月17・18日 2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3シリーズ」は、この第九回で終了します。年内に書き上げる事が出来、一安心です。
どうぞ、ご期待ください!!
[PR]
by sotechan | 2007-12-20 01:05 | 日常
写真は飽きたでしょうか?
読者の皆さんは多分、私のクオリティの低い鉄道写真にはそろそろ飽きてきたかもしれません。そこで今回は動画を張り付けてみました。鉄道車両は動くものですから、動画のほうが楽しいかもしれません。静止画と同じく、動画もクオリティもあまり高いとは言えませんが、どうぞ新鮮な気持ちで見てもらえれば幸いです。
ちなみに動画は12月1日に家族で軽井沢に行きまして、その時に撮影したものです。

しなの鉄道普通列車の信濃追分駅発着シーン


長野新幹線あさま529号の軽井沢駅発着シーン


長野新幹線あさま534号軽井沢駅発着シーン

動画はお楽しみいただけたでしょうか?

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-12-04 22:22 | 旅行