「ほっ」と。キャンペーン
鉄道を中心に日々の出来事や社会現象、植物の事などを記録しています。
<   2008年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
7月26日 2008年夏の青春18きっぷ旅行Part2(新潟方面)第三回
 久しぶりの更新です。今回でこの旅行記は完結したいと思います。さて前回は弥彦観光を終えたところまでお話したと思います。今回はその後を語らせていただきます。

 弥彦からは12:20分発の東三条行き普通列車に乗車。車内は再びレトロモード全開の115系でした。その後、吉田で12:38発の越後線の柏崎行き普通列車に乗り換えます。この列車の形式も115系でしたが、車内はリニューアルされおり、先程の弥彦線のレトロさは失われていました。私はトイレ前の人のいないボックスシートに腰を掛け、車窓を眺めていました。谷間を行くこの路線は殆どを国道116号線の旧道と併走しましたが、その道は工事が多いようで、昨年の新潟中越沖地震の影響を感じました。車窓としては水田の青々とした風景が美しかったです。柏崎に近づくと、柏崎で花火大会があるせいか、浴衣を着たカワイイ女の子が乗ってきまして、「俺の前に座れ!」と心の中で思っていましたが、見事に期待は外れました。柏崎駅には0番線に到着。新発田駅にもありましたが、新潟には0番線が多いようです。改札を出た後、東京→木更津の普通列車グリーン券をみどりの窓口で購入しましたが、すんなり発券してしまったので、あまり面白くありませんでした。もう少し、窓口氏には困ってほしかったですねwww。
f0077838_17303577.jpg
越後線 115系(吉田で撮影)


f0077838_17311821.jpg
越後線からの車窓


f0077838_17315052.jpg
柏崎駅 0番線


 さて、駅周辺は夜に行われる花火大会のために混雑していました。「中越沖地震からの復興」をアピールしたいらしく、街中にその旨を示す幕が掲げられていました。その幕の通り、街中に地震の爪痕はなく、柏崎市民の力強さを感じさせられました。商店街を抜けて、柏崎中央海岸に到着。楽しそうに海水浴を楽しむ客がいる中で、花火を見るために場所取りをしている人々が堤防に目立ちました。堤防を少し歩き、防風林を抜けて、再び柏崎市内へ。柏崎小、柏崎一中、柏崎工高、柏崎高の四校が密集する学校集中地帯を抜けフォンジェという商業施設の中にあるマクドナルドで昼食をとる事にしました。このマクドナルドも混雑しておりオーダーをするまでかなり時間がかかり、イライラしましたが仕方が無いので待つ事に。食べたメニューはダブルチーズバーガーのセットであったと記憶しています。食事を終えた後は柏崎駅へ向かいました。駅では団臨の183系が入線していました。写真を撮影後、この列車がマリンブルーくじらなみ(以下、MBくじらなみ)になるのだと思っていましたが、MBくじらなみに使われる車両は回送として入線してきました。これで、国鉄特急色の車両が2両並んだ事になります。またまた昭和レトロな光景が目の前に現れました。今回の旅行ではレトロな光景に何回も出会え、本当に幸せです。
f0077838_17333492.jpg
柏崎市街


f0077838_17353736.jpg
柏崎中央海岸 入口


f0077838_1736831.jpg
柏崎中央海岸


f0077838_1737320.jpg
ダブルチーズバーガー セット


f0077838_17381363.jpg
183系 団体臨時列車(柏崎で撮影)


f0077838_17384588.jpg
183系 団体臨時列車(柏崎で撮影)


f0077838_17392649.jpg
発車案内電光掲示板(臨時快速がMBくじらなみ)


 快速MBくじらなみは15:41発。まず信越本線を宮内に向けて走ります。この柏崎→宮内の間で一番心配だった事は宮内でのスイッチバック時に席の向きを変えられるかということでした。以前、MBくじらなみを新前橋付近で見たときに座席が進行方向逆向きになっていたからです。ドキドキしながら宮内に到着。思いきって後ろに乗っていた方に向きを変えて良いかと問うたところ、快くOKしていただきまして、宮内からの上越線を進行方向の座席で乗り通すことができました。その後、同じ客車内の人々も座席を回転してゆき、ほぼ全ての座席が回転していました。中には座席の回転に驚いた様子の方もいましたね。さて、上越路は青々とした風景が車窓を飛んでゆきます。座席も良いし、ハイデッキ仕様なので目線も高い。魚沼地方の素晴らしい風景を眺められました。上越線は昼間初乗車の区間が殆どであったので、景色が本当に新鮮で美しい。iPodから流れる松田聖子の楽曲と相俟って感動的且つ快適な列車旅が出来たのでありました。さらに乗っている車両が183系なので、特急「とき」に乗っている錯覚にさえ陥ります。越後湯沢を過ぎると清水トンネル越えの区間に入り、上り線はループを巻いているだけあって、長く感じました。清水トンネルを出ると窓に霜が付き、渓谷の情景は眺められませんでしたが、水上駅に到着するころには霜も乾き、見慣れた上州路の風景が眺められます。群馬県内で上越線は利根川に沿って走るので、利根川がだんだんと太くなるのも見て取れます。まぁ、尤も利根川は自分の席の反対側で見られる光景でしたので、あまり見ていませんがね。
f0077838_17415642.jpg
信越本線からの車窓


以下、5枚の写真は上越線からの車窓

f0077838_17434582.jpg

f0077838_1743589.jpg

f0077838_17441288.jpg

f0077838_17442573.jpg

f0077838_17444464.jpg

 渋川を過ぎる田園地帯な風景に変化し、群馬総社を過ぎると住宅地の風景に一変します。そして、下車駅の新前橋に到着。これで今回の旅行も終了です。新前橋では快速MBくじらなみの写真を撮りました。
f0077838_17454497.jpg
183系 快速「マリンブルーくじらなみ」(新前橋で撮影)


f0077838_17472748.jpg
MBくじらなみのヘッドマーク


f0077838_174863.jpg
新前橋駅2番線の電光掲示


 今回の旅行記は特に時間がかかってしまいました。申し訳ありません。しかしながら、私の私生活も色々と多忙ですので、その辺はご理解頂きたいと思います。よろしくお願いします。

 さて、次回は「群馬県在住のとある鉄道ファンのブログ」のkyaputen_ryota氏との旅行記始まります。ご期待ください。

 それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2008-10-20 17:55 | 旅行
更新の鈍化について
 いつもご愛読いただきましてありがとうございます。
 さて、近頃更新が鈍くなっております。これは私の努力不足と言われてしまえば、それまでなのですが、あえて言い訳をさせていただくと、最近忙しすぎました。テストはあるわ、体育大会の準備はあるわで、心身ともに疲れ果てております。
 それで、「7月26日 2008年夏の青春18きっぷ旅行Part2(新潟方面)」のシリーズは次回完結の予定ですが、下書き原稿が仕上がっておりません。もう少し、お時間を頂きたいと思います。今週末の更新を目指しております。温かい目で見守って頂けると幸いです。

 今後とも、「PLANT DIARY」をよろしくお願い致します。
[PR]
by sotechan | 2008-10-16 01:17 | お知らせ