鉄道を中心に日々の出来事や社会現象、植物の事などを記録しています。
タグ:お出かけ ( 93 ) タグの人気記事
6月8日 大回り旅行(ATH-ANC3レビュー・未乗車区間制覇)
 さて遅くなりましたが、「ATH-ANC3のレビュー旅行記」でございます。

経路図

 いつもの通り、前橋から出発。6:25発の普通列車桐生行きの211系電車に乗り込みます。車内は空き気味でしたが、さすが沿線に高校を多く抱えている両毛線だけあって、休日ながら生徒が多めでした。ATH-ANC3のノイズキャンセリング効果の調子はと言うと、空調の音はほぼ0に近くなりますが、レールのジョイント部で発生する「タタン、タタン」の様な音は然程消されませんでした。アナウンスは聞こえます。また、ドアの閉まる空気弁の音(「プッシュー」という音)は逆に増幅する傾向があるらしく、変なノイズが入りました。
f0077838_19293517.jpg
両毛線 107系(桐生で撮影)


 桐生からは7:11発の小山行き普通電車の115系に乗り換えます。車内は最初の頃は空いていましたが、小山に近くなるにつれ、乗客が多くなりました。ATH-ANC3の調子は先ほどと変わりなく、レールの継ぎ目の音が消えず、またモーターの音も消えづらい様でした。空調の音はかなり消されました。
f0077838_193273.jpg
両毛線 115系(桐生で撮影)


 小山からは8:25発の普通列車に乗り込みます。車両は415系1500番台。乗客は一車両15人位乗っていました。途中、雄大な筑波嶺が見えたのですが、写真を撮り損ねました。残念です。ATH-ANC3の調子は先ほどと変わりなく。レールのジョイント部の音がカットされず、モーターの音も若干聞こえ、ドアの音が増幅しました。空調の音は大幅にカットされました。
 小山からは8:25発の普通列車に乗り込みます。車両は415系1500番台。乗客は一車両15人位乗っていました。途中、雄大な筑波嶺が見えたのですが、写真を撮り損ねました。残念です。ATH-ANC3の調子は先ほどと変わりなく。レールのジョイント部の音がカットされず、モーターの音も若干聞こえ、ドアの音が増幅しました。空調の音は大幅にカットされました。
 常磐線を我孫子で降り、弥生軒でから揚げそばを昼食として食べました。食後は成田線普通列車のE231系に乗ります。私が腰を下ろした車内には10人ほどいました。他の車両も同様であったと思います。ATH-ANC3の調子は、私がエアコンの直下に座ったので、空調音を消すのが得意なATH-ANC3でも、消し切れませんでした。やはりレールジョイントの音が若干気になります。
f0077838_19333052.jpg
我孫子駅 弥生軒


f0077838_19343524.jpg
成田線 E231系(我孫子で撮影)


f0077838_1935080.jpg
成田線 E231系車内


f0077838_19353893.jpg
成田線からの車窓


 成田からは12:41発の総武線普通列車111系で佐倉へ。ATH-ANC3の調子はというと、111系が旧型車なのでうるさかったです。しかしながら、ATH-ANC3のNC機能をオフにすると非常にうるさく、やはりNC機能のおかげで、4分の1程はノイズがキャンセルされているようでした。また、カーブでレールと車輪が擦れる「シュー」という音を拾ってしまい、逆にそのノイズを増幅しているようでした。
f0077838_19365810.jpg
成田線 111系(成田で撮影)


f0077838_19375117.jpg
成田線からの車窓


 佐倉では13:01発の普通列車に乗り換え、成東に向かいます。この列車も111系で、ATH-ANC3の調子は先ほどと同じような感じでありました。車窓からは下総台地の独特な地形が見られ、田植えが終わった後の青々とした水田の風景も美しかったです。
f0077838_1943597.jpg
総武本線 111系(成東で撮影)


 成東からは13:48発の千葉行き普通列車にお乗り換え。車両は111系。こちらの列車で蘇我~千葉の区間に初乗車しました。ATH-ANC3の調子は基本的に先程と同じでしたが、ドアが閉まる時に一回大きなノイズが入りました。
f0077838_19422756.jpg
外房線からの車窓


 千葉からは14:50発の総武緩行線に乗って西船橋へ。車両はE231系。ATH-ANC3の調子は、新型車両だけあって静かでした。車内は満席でありまして、狭苦しいロングシートは困りますね。ちなみに、秋葉原の通り魔事件を初めて知ったのはこの列車の中でした。
f0077838_19471642.jpg
総武本線 E231系(千葉で撮影)


 西船橋からは15:21発の京葉線経由東京行き普通列車205系に乗りました。東京ディズニーリゾートの最寄り駅である舞浜で乗客の入れ替えが激しかったです。この列車では、西船橋~市川塩浜の区間に初乗車しました。ATH-ANC3の調子はというと、形式名の頭に「E」がつく車両よりも騒音が大きいらしく、うるさかったです。トンネルではノイズがキャンセリングし切れず、かなりのノイズが耳まで届きました。
 東京では15:58発の中央線快速に乗り換え、西国分寺に向かいます。車両形式は最新のE233系。座席は満席で立ち客もいました。通り魔事件があった約3時間後の秋葉原の様子を車窓から見たのですが、騒がしい感じではなかったように思われました。ATH-ANC3の調子は最高でしたね。流石の新型車両だけあって、空調音が若干するだけで、その他の音は皆無。素晴らしいです。
 西国分寺からは16:48の武蔵野線で府中本町へ。205系。車内はかなり空いており、乗車時間は10分足らずでした。ATH-ANC3は使用しませんでした。
f0077838_19511751.jpg
武蔵野線 205系


 府中本町からは16:59南武線で立川へ。この区間は今回初乗車となります。しかし残念ながら、競馬帰りのおっさん達でごった返して、立ち客が多く、車窓はあまり良く見えませんでした。ATH-ANC3は使用しなかったのでしょうか。手元のメモノートに使用記録がありません。
 立川からは17:13発の青梅線普通列車で拝島へ。車両形式はE233系でございました。車内は満席で、立ち客もかなり居り、この列車では自分も立つ破目になりました。ATH-ANC3の調子は、先ほどE233系に乗った時と同じ様子でした。
f0077838_19531271.jpg
青梅線 E233系(撮影駅不詳)


 拝島からは17:42発の八高線で高麗川に向かいます。205系だったでしょうか。車内は混雑していましたが、どうにか座ることができました。この列車では流石に疲れが出てきて、寝てしましました。ATH-ANC3の調子は、レールジョイント部の音が耳まで響いてきました。
 高麗川からは18:18発の八高線で高崎へ。車両形式はキハ110系。気動車でのATH-ANC3はなかなか良く、エンジンの音も大幅にキャンセルしてくれ、思ったより快適でした。
f0077838_19552151.jpg
八高線 キハ110系(左)と205系(右)(高麗川で撮影)


f0077838_19564546.jpg
八高線からの車窓


f0077838_19571871.jpg
八高線からの車窓


 高崎からは上越線普通列車で新前橋へ。この列車ではATH-ANC3は使用しませんでした。

 これで今回のレビュー旅行も終りです。

 では今回のATH-ANC3のレビューについて総括させていただきます。
 まず初めに、良かったった点。

  • 空調の音が大幅に消える

  • 新型車両ではほぼ無音になる

  • アナウンスはしっかりと聞こえる

  • 気動車のエンジン音も消える


 では次に悪い点。

  • レールのジョイント部の音が消えない

  • 旧型車のドアが閉まる音を増幅し、ノイズが入る

  • レールと車輪が擦れる音を増幅し、ノイズが入る

  • 人の声は消えづらい


 以上ですが、これはあくまで私の見解なので参考に止めて頂けると幸いです。100%私の意見を信じないでください。また、私のレビューにより読者の皆様が何らかの不利益を被った場合でも、私は一切責任を負いません。

 皆さんもノイズキャンセリングヘッドフォンで楽しい鉄道ライフをエンジョイしましょう!

 それでは・・・・

__________________________________________________________________________
「PLANT DIARY」は第32回全国高等学校総合文化祭群馬大会「ぐんま総文」を応援しています。(※公式スポンサーではありません)
[PR]
by sotechan | 2008-07-19 20:22 | 旅行
5月31日 翠巒祭(すいらんさい)・新幹線撮影 【後編】
 前回は高崎駅での新幹線撮影についてお話ししました。今回はいよいよ翠巒祭(すいらんさい)です。
 高崎駅のコンコースでKさんと落ち合い。西口からタクシーに乗り、高崎高校へ向かいました。実は昨年と同じく、駅からは無料のシャトルバスが出ていたのですが、「県下一の高校にタクシーで乗り付ける。」という、昨年果たせなかった、ちっぽけな野望を果たすためにタクシーに乗りました。タクシーも多人数で乗るとお金がかかりませんからねぇ。
 さて、高崎高校に到着すると未完成のアーチがお出迎え。未完成なので内側が丸見えで、材料は選挙ポスターを張る、ベニヤ板だということが分かりました。そのベニヤ板が昨年の群馬県知事選のものでありまして、「小寺弘之前群馬県知事のヘアスタイルがカッコイイなぁ。」なんて思いながら通り過ぎたのでした。
f0077838_18403472.jpg
未完成のアーチ


 さて、屋外の模擬店は後回しにいたしまして、屋内に入ります。ここでアクシデントが発生! なんと、タクシーの中に傘を忘れてきてしまったのでした。まぁ、慌てても仕様がないので、鉄道研究部の会場へ向かいます。会場は直ぐに見つかって、kyaputen_ryotaさんとも会うことが出来ました。彼はボードをもって、客引きをしていました。軽く挨拶を交わしてから、展示を見ます。今年の模型ジオラマは昨年よりも力が入っていましたね。山の地形などは素晴らしかったです。斜張橋と緩和曲線も素晴らしかったですね。
 しかしながら一番気になったのが、200系リニューアル車のグリーン車の組み込み位置。本当は10両編成のうちの9号車にグリーン車をあてがわなければならないのですが、そこがいい加減になっていました。kyaputen_ryotaさんに伝えたところ、「どうでもイイじゃない。」と言われてしまいましたが、グリーン車マニアとしては許せないですね。昨年も確か同じようなことがあったような・・・ 鉄研の皆さんは編成にはあまりこだわらない様です。
 今年は国鉄型の車両も導入されていて、その点も素晴らしいと思いました。
f0077838_18422715.jpg
新幹線車両(左から、E2系、400系、500系、N700系、800系)


f0077838_1845963.jpg
200系新幹線(リニューアル車)


f0077838_18464470.jpg
500系新幹線


f0077838_1847311.jpg
583系電車


f0077838_18481118.jpg
200系新幹線(リニューアル車)


f0077838_18493372.jpg
400系新幹線


f0077838_18495764.jpg
E2系新幹線

f0077838_18511930.jpg
鉄研会場と鉄研部員の皆さん


f0077838_18550100.jpg
プラレール


以下の写真は特に説明はありません。

f0077838_1858687.jpg



f0077838_18582494.jpg



f0077838_1858404.jpg



f0077838_18595987.jpg



f0077838_1902078.jpg



f0077838_1914297.jpg



 あまり鉄研の出し物ばかり見ているのもKさんに悪いので、他の展示も見ることにしました。他の展示も独創的な展示が多く、私たちの目を楽しませてくれました。
 そして、Kさんの一番お気に入りだったのがミスコン。所謂、女装大会です。BLなKさんはこれがとてもお気に入りだったみたいで、撮影したビデオをiPod用に変換して渡したほどです。私としては2番の人が一番、女性らしいと思いましたが、こればっかりは実際に見た人しか分からないですね。
 その後は、傘を忘れたタクシーを配車してもらい、高崎高校を後にしました。ビックカメラとヤマダ電機によってから帰宅しました。

 それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2008-06-23 19:19 | 旅行
5月31日 翠巒祭(すいらんさい)・新幹線撮影 【前編】
 5月31日は「鉄道博物館(前編)」に登場したKさんと一緒に、高崎高校の文化祭「翠巒祭(すいらんさい)」に行ってきました。なぜ行ったかというと、このブログお馴染みのkyaputen_ryotaさんが所属している高崎高校鉄道研究部の出し物があったからです。
 私立高校に通っていらっしゃるKさんは土曜日も午前中は授業があるので、高崎駅で待ち合わせることにし、一日中暇人な私は午前中に高崎駅で新幹線の撮影を楽しみました。今回はその模様をお伝えします。
 高崎には10:30頃に到着。一旦、在来線の改札を出て、入場券を購入し、新幹線改札から入場します。昨年は上りの新幹線中心だったので、今回は下りの新幹線を撮影することにしました。
 先ず、入線してきたのは越後湯沢行きの「たにがわ405号」。200系のリニューアル車です。リニューアルを受けたことによって、車齢が10年以上若返ったように感じられます。この車両のシートは自由席、指定席ともに関係なく3&2のリクライニングシート。上越新幹線で一番快適な自由席シートを備えている車両です。
f0077838_2271220.jpg
上越新幹線「たにがわ405号」 200系(高崎で撮影)



上越新幹線「たにがわ405号」高崎発着

 次は、長野新幹線の「あさま567号」。当然の如くE2系であります。JR東日本の新世代スタンダード車両ということで、どこから見ても無難な出来に仕上がっています。これが「スタンダードな美学」というものなのでしょうか。
f0077838_22143743.jpg
長野新幹線「あさま567号」 E2系(高崎で撮影)



長野新幹線「あさま567号」高崎発着

 お次は、上越新幹線新潟行きの「Maxとき317号」。E1系です。このE1系も上越新幹線専用車となり、特別天然物の鳥であるトキの羽をイメージしたピンク色の帯が塗装されています。私の中では「新幹線とき=E1系」という方程式が出来上がっています。クリーン車のシートも今では改座され、以前からのお洒落な室内照明と相俟って、ゴージャスな雰囲気に仕上がっています。私はJR東日本最高の室内の雰囲気を持つグリーン車なのではないのかと思います。
f0077838_22162625.jpg
上越新幹線「Maxとき317号」 E1系(高崎で撮影)



上越新幹線「Maxとき317号」高崎発着

 次は、「とき361号」新潟行き。200系リニューアル色の車両で来るものだと思っていたら、200系原色編成で到来! 将にSurpriseです! 私はリニューアル色も好きですが、この緑と白の塗装はイイですよね。やはり、この塗り分けは最高です!
f0077838_2218439.jpg
上越新幹線「とき361号」 200系(高崎で撮影)



上越新幹線「とき361号」高崎発着

 最後は長野行きの「あさま517号」。E2系です。金沢延伸で、これからの存在が大いに期待される長野新幹線。E2系がどの様な列車に使われるのかも注目ですね。
f0077838_22194958.jpg
長野新幹線「あさま517号」 E2系(高崎で撮影)



長野新幹線「あさま517号」高崎発着

 次回、後編では「翠巒祭」の模様をお伝えします。

 それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2008-06-09 22:36 | 旅行
5月3日 快速「足利大藤まつり号」
 ゴールデンウィークの初日の5月3日は、「群馬県在住のとある鉄道ファンのブログ」の管理人であるkyaputen_ryota氏と一緒に、臨時快速「足利大藤まつり号」に乗車してきました。
経路図

 新前橋に午前5時という驚異的に早い時間に集合し、5時11分発の普通列車上野行きに乗ります。形式はE231系。GW初日でしたが流石に時間が早いようで、グリーン車には私たち以外は乗っていない様子でした。車内ではkyaputen_ryota氏と会話を楽しみました。埼玉も中間ほどにさしかかると、グリーン車内も混んできました。終点の上野には7時5分に到着しました。
f0077838_16182966.jpg
高崎線 E231系(新前橋で撮影)


 上野では、7時37分発の常磐線普通列車に乗り換えます。形式はE531系でした。乗り換えに時間がありましたので、朝食を食べていない私はホームのそば屋でタヌキ蕎麦を食べました。列車が入線し、「流石に上野からはたくさん客が乗るのだろう。」と思っていたのですが、グリーン車はさほど混雑はしていませんでした。車内ではキオスクで買った週刊アスキーを読んでいました。友部には9時21分着。
 友部からはいよいよお目当ての臨時快速「足利大藤まつり号」に乗車します。形式は485系1500番台車を先頭にした485系。友部9時27分発でありまして、乗り換えに時間がなかったので、少し急ぎました。車内に入るとイベント列車だけあって混雑していました。全席指定席でしたので立ち客はいませんでしたがね。この列車、車内販売も乗務していていましたので、ホットコーヒーとアーモンドチョコを購入しました。生憎の曇り空で、筑波嶺の雄大な姿は眺められませんでしたが、小山手前ではデットセクションもあり、車内の電灯が消えるシーンも楽しめました。小山から先はお馴染みの両毛線でしたが、特急型の車両から見る景色は新鮮でありました。やはり、「あしかがフラワーパーク」を目的とした列車だけあって、「あしかがフラワーパーク」の最寄り駅である富田で大多数の乗客が降りて行きました。富田から先まで乗った方々は鉄道ファンだったのでしょうね。終点、桐生には11時28分に到着しました。
f0077838_16205148.jpg
485系 快速「足利大藤まつり号」(友部で撮影)


f0077838_1622816.jpg
快速「足利大藤まつり号」車内


f0077838_16225235.jpg
車窓の風景


f0077838_16232566.jpg
485系シート


f0077838_16235199.jpg
485系シートの全展開状態


 桐生では車外を撮影し、11時42分発の高崎行き普通電車に乗り換えました。車窓からは留置線に停車中の183系を見ることもできました。
f0077838_16244731.jpg
回送表示の485系(桐生で撮影)


 前橋駅でkyaputen_ryota氏と別れた後は、一人、前橋駅で回送されてくる485系を撮影しました。なかなか良い写真が撮れたと思います。
f0077838_16263752.jpg
211系(前橋で撮影)


f0077838_1627768.jpg
485系(前橋で撮影)


 久しぶりの鉄道旅行もこれで終わり、なかなか楽しめる旅行でした。

___________________________________________________________

 前回のお知らせで「Googleマップを挿入」と言っていましたが、エキサイトブログではセキュリティの問題上、挿入ができないみたいです。そこで、Googleマップで作った経路図へのリンクを張り付けるかたちにいたしました。上部のセンタリングしてある「経路図」をクリックしていただくと、別窓で経路図が開くと思います。是非ご覧ください。

それでは・・・・・
[PR]
by sotechan | 2008-05-10 16:36 | 旅行
2月16日 特急「ほくほく十日町雪まつり」
2月16日は、特急「ほくほく十日町雪まつり」に乗るための大回り乗車をしてきました。
両毛→東北→高崎→上越の行程ですので、いつも通り前橋から乗車。両毛線の小山行きに乗ります。
小山からは上野行き普通列車で大宮へ。グリーン車に乗ったわけですが、小山からだと750円でお金がかかるため、間々田からで550円にしました。
大宮からはいよいよ特急「ほくほく十日町雪まつり」に乗車します。183系大宮車を使って運転したので、ファンの方でホームはごった返していました。早速乗り込んで自分の席を探します。その直後、私を悲劇が襲うのです。な、なんと私の隣に「日本テレビで午後7時から毎週放送している番組に出演しそうな方」が乗ってきたのです! かなりビビりましたね。電車でこういう事が起こるのは初めてでした。この日は天気が良かったので、本庄を過ぎたあたりから、赤城山の壮大な風景も見ることができ、車窓風景としては有意義な旅行でした。
f0077838_13202062.jpg
特急「ほくほく十日町雪まつり」の発車案内
「まつり」の部分が「祭り」になっています。


f0077838_132221.jpg
特急「ほくほく十日町雪まつり」の方向幕
シールタイプのものです。


f0077838_13225122.jpg
車窓
赤城山が見えます。


新前橋で降りると、「群馬県在住のとある鉄道ファンのブログ」の管理人であらせられるkyaputen_ryotaさんが私を待っていてくれました。後はゆっくりと先頭部分の写真と動画を撮影すれば良いのですが、民主党の小沢代表似の餓鬼が私のカメラのファインダーに入ってきまして、静止画・動画共にあまり良いものは撮影できませんでした。
f0077838_1325148.jpg
183系 特急「ほくほく十日町雪まつり」(新前橋で撮影)


動画は後ほどアップします。

それでは・・・・・
[PR]
by sotechan | 2008-04-12 13:31 | 旅行
3月11日 大回り旅行(ホームライナー鴻巣3号)
3月11日は489系ボンネット車を使って運転される「ホームライナー鴻巣3号」に乗るため、大回り旅行に行ってきました。

前橋駅から出発。前橋駅から出発するのは定番です。ホームに入ってきたのは107系電車。平日の昼間なのに車内は混んでいました。公立高校入学試験帰りの中学生も見受けられました。桐生や足利をすぎると車内も空いてきて、終点の小山までは一定の乗車率でした。
f0077838_13444391.jpg
両毛線 107系電車(小山で撮影)


小山からは水戸線に乗り換えます。鋼鉄製の415系電車が昨年のダイヤ改正で消えたので、景色が眺められるボックス型のシートは望めません。途中の駅でE501系とすれ違いました。水戸線にもE501系が入っているんですねぇ。
友部で常磐線にお乗り換え。水戸線が遅れ、乗り換え時間が少ないので、急いで乗り込みます。着信があったので、グリーン車のデッキで電話をかけなおしていると、アテンダントさんが来て、怒られてしまいました。普通列車グリーン車ではデッキでの通話もいけないみたいです。土浦で特急の待ち合わせのため10数分停車。その間に、特急「スーパーひたち」を撮影することができました。
f0077838_13461833.jpg
特急「スーパーひたち」 651系電車(土浦で撮影)


上野では主にホームライナーを撮影。ホームライナー鴻巣1号は185系電車を使用していました。グリーン車も普通車も同額なので、当然の如くグリーン車から埋まっていきます。発車直前には普通車も埋まりました。座席定員制なので、立ち客がいないのは当然ですね。
f0077838_13485280.jpg
「ホームライナー鴻巣1号」 185系電車(上野で撮影)


f0077838_13503348.jpg
「ホームライナー」ヘッドマーク


f0077838_1351153.jpg
「ホームライナー鴻巣1号」の方向幕


1号が出発してしばらくすると、3号のライナー券が発売開始になります。その後、本日の主役「ホームライナー鴻巣3号」が入線。国鉄色のボン車は威厳があります。黙っても特急料金を払いたくなります。入選シーンをビデオ撮影てから乗車。入口で駅員にライナー券を改札してもらい、車内に入ります。グリーン車内に入ると興奮ものです。レッドカーペットに国鉄時代のグリーンシートがズラズラ並んでいます。特別な人しか乗れなかった時代のグリーン車の匂いがプンプンです。まぁ、実際にはスルメの香りがプンプンしていたのですが・・・・ シートを撮影し、バックを置いて席取りをしてから、車外に出て先頭部分をじっくりと撮影。上野にはボンネットが良く似合います。平地ホームだったら、もっとマッチングしていたことでしょう。18時40分に出発。すっかり暗くなり、街の明かりが前から後ろへと遠ざかります。シートの乗り心地は185系大宮車のグリーンシートに準じますが、バックレストの高さが185系よりも低いので、頭のホールド感は若干185系よりも劣ります。テーブルがイイですね、サイドアームレストの部分に付いているタイプで、これにも国鉄を感じてしまいます。私は残念ながら終点の鴻巣までは乗れず、桶川で降りました。後続の特急「あかぎ5号」に乗るためです。普通電車だと帰宅が遅くなりますから、少しでも時間を稼ぐためです。自由席特急料金が普通列車用グリーンの平日料金よりも安かったのも一つの理由です。
f0077838_1353747.jpg
「ホームライナー鴻巣3号」の発車案内


f0077838_13541352.jpg
ライナー券売機の表示


f0077838_13545463.jpg
「ホームライナー鴻巣3号」 489系電車(上野で撮影)


f0077838_13553479.jpg
「ホームライナー鴻巣3号」の方向幕


f0077838_1356228.jpg
グリーン車内


f0077838_13571046.jpg
グリーン車シート


f0077838_13574865.jpg
グリーン車シートのテーブル


f0077838_13582766.jpg
ラウンジカー車内


特急「あかぎ5号」の普通車自由席も座席がほぼ埋まっていました。グリーン車を覗くと2人しか乗っていませんでした。あまりグリーン車に乗る人はいないみたいです。短距離だからでしょうかねぇ。乗客は本庄でかなりの人数が降り、新町を過ぎると車内は私一人だけになりました。やはり通勤特急としての役割が強いのでしょうか。高崎を過ぎ、新前橋で下車。これで今回の旅も終りです。

動画は後ほどアップします。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2008-03-15 14:09 | 旅行
12月16日 臨時特急「ひばり」
前回、お知らせした臨時特急「ひばり」のビデオをアップします。

当日は大宮駅で撮影をしました。反対側のホームから撮影を試みたのですが、普通電車とダブってしまうことが判明しまして、慌てて「ひばり」が発着するホームに移ったので、良いアングルでは撮影できていません。ゴメンナサイorz
ホームは大勢の鉄道ファンでごった返し、殺気立っていました。ビデオからもその様子がうかがえると思います。

正直を言えば485系で運転してほしかったのですが、そういうわけにはいかないみたいですね。
[PR]
by sotechan | 2008-03-07 14:22 | 旅行
鉄道博物館(後編)
今回は12月16日に「群馬県在住のとある鉄道ファンのブログ」の管理人であるkyaputen_ryotaさん(以下、ryotaさんと省略)と一緒に鉄道博物館に行ってきた事を書こうと思います。

朝はryotaさんと駅で待ち合わせをし、上越線の高崎行きに乗車。高崎で高崎線普通列車上野行きに乗り換えます。普通ならグリーン車に乗るところですが、お金の関係もあって普通車に乗車。グリーン車などに乗ると大宮まではあっという間なのですが、普通車で乗り通したこの日はとても長く感じられました。
大宮駅で電車を降りた後は、臨時特急「ひばり」を撮影。(「ひばり」は後ほどお伝えいたします。)その後、鉄道博物館へ。
鉄道博物館は11月の来場時同様、ごった返していました。体験系展示に申し込むことは不可能なので、普通に常設展示へ。展示内容は「前編」を参考にしていただきたいと思います。
f0077838_18142993.jpg
ヒストリーゾーン全景


f0077838_18163654.jpg
特急「富士」一等展望車


f0077838_1817449.jpg
新幹線0系電車


f0077838_1817291.jpg
20系客車 開放型B寝台車内


f0077838_18183931.jpg
101系電車 車内


11月の時との相違点は・・・と言ってもなさそうですが、これが意外とありましたね。11月来場時は181系「とき」のシートをフル活用できたのですが、12月である今回は、座席回転ロックと背面テーブルの開閉禁止がなされていました。
常設展示を見た後は昼食。今回はカツカレーを頂きました。なかなかカツが私好みの味で良かったと思いました。
f0077838_18202443.jpg
カツカレー


そうそう、今回は11月の前回では見なかった修学旅行専用車を見学しました。シートは急行型のものと同じような感じです。多分、当時は6時間くらい座ることになったのだと思いますが、とてもじゃないけど私は座れません。そんなに長時間は・・・・
デッキには飲料水給水箱(冷水機ではなく、非冷水機みたいなもの。所謂、保冷機能がない。)が有りました。運転時はこの給水箱の中に粉ジュースを入れる生徒もいて困ったとか、困らないとか・・・・そんな様なことが、どっかの鉄道関係書籍に書いてありました。
f0077838_18214589.jpg
155系電車


f0077838_18263425.jpg
155系電車シート


f0077838_18265959.jpg
給水箱


その後も鉄道博物館を満喫して、夕方5時頃には帰宅することに。帰りはグリーン車に乗りました。一日中立ちっ放しでしたから、グリーンじゃないとキツかった訳です。

それでは・・・・・
[PR]
by sotechan | 2008-03-05 18:37 | 旅行
2月10日 撮影旅行(青梅方面)
今月の10日に高崎高校鉄道研究部の皆さんと撮影旅行に行かせていただきました。
群馬県在住のとある鉄道ファンのブログ」の管理人であらせられるkyaputen_ryotaさん(以下、ryotaさんと省略)が鉄道研究部の部員でいらっしゃって、お誘いのメールを頂き、ご同行させていただきました。
当日は新前橋駅でryotaさんと待ち合わせをし、集合場所である高崎駅に向かい、鉄研部員の皆様方と合流。7:54発の八高線に乗り、高麗川へ向かいます。前日に雪が降ったので、車窓から眺める景色は一面の銀世界。鉄道車両の中から雪景色を眺めるのは、昨年3月に行った「土日きっぷ旅行」以来です。何時も八高線は夕方に乗るのですが、朝に乗るのもなかなか良いものです。車内ではryotaさんや部員の皆さんと雑談を楽しみ、9:23に高麗川に到着。
f0077838_1855411.jpg
八高線からの車窓


高麗川からは川越発の八高線普通列車に乗り換え、拝島へ。車両は209系でした。拝島駅は工事をしたらしく、以前に私が訪れた時とは少し変わっていました。拝島からは青梅線普通列車に乗り換え、青梅へ向かいます。車両はJR東日本の最新鋭車両である、E233系電車。この電車には8月に行った「青春18きっぷ旅行」で乗っていますが、ゆっくりと椅子に座って乗るのは初めてのことでした。座席の意匠はE231系など、最近のJR東日本車両のものに準じますが、クッションを厚くしたのでしょうか、フカフカとしたすわり心地でした。今年3月のダイア改正で東海道線に導入されるE233系3000番台のグリーン車シートがどうなるのか、非常に楽しみであります。
青梅に到着すると、そこで解散。私はryotaさんに付いて行くことにしました。最初は古本屋探し。ryotaさんが事前に下調べしていたらしく、比較的容易に古本屋に辿り着くことは出来ましたが、残念なことに休業していました。その後、河辺駅のマクドナルドで昼食を摂った後、青梅線に乗り、軍畑に向かいます。軍畑駅周辺の撮影スポットで、近々一線を退く201系電車のビデオと写真を撮りました。地味な撮影場所なのですが、201系の写真を撮るためなのか、多くの同業者の皆さんが撮影を楽しんでいました。
f0077838_18593611.jpg


f0077838_1941776.jpg
青梅マラソンスタート地点


f0077838_1952244.jpg
201系電車(青梅で撮影)


f0077838_1963125.jpg
E233系電車(青梅で撮影)


f0077838_1972832.jpg
軍畑駅


以下、4枚の写真は軍畑駅周辺で撮影

f0077838_19101231.jpg



f0077838_19104315.jpg


f0077838_191121.jpg



f0077838_19112769.jpg



その後、青梅駅に戻り、他の鉄研部員の皆さんと合流し、帰路に着きます。青梅からはホリデー快速に乗り、新宿へ。新宿からは17:12発の湘南新宿ラインに乗るのですが、車内が激混み。幸いなことに私は池袋から座ることが出来ましたが、座れない方々もいたのではないでしょうか。高崎には18:55着。E231の普通車にこれだけの長時間乗ったのは初めての経験でした。高崎駅で解散し、吉野家で夕食を摂りました。その後は高崎駅構内の書店で時間を潰してから帰宅。
f0077838_1913143.jpg
115系電車(高崎で撮影)


久しぶりに楽しい旅行をすることができました。高崎高校鉄道研究部の皆様には心から感謝申し上げます。

後日、動画をアップします。
それでは・・・・・
[PR]
by sotechan | 2008-02-14 19:24 | 旅行
鉄道博物館(前編)
今回は11月18日と12月16日に行ってきた鉄道博物館のお話をします。
11月18日はこのブログ初登場のKさんと、12月16日はお馴染みのkyaputen_ryotaさんと出かけてきました。

11月18日
11月18日は時刻表検定が終わった後に、鉄道博物館に向かいました。時刻表検定の会場であるJA共済ビル(地図)から鉄道博物館まではKさんとの割り勘でタクシーを使いました。このタクシーはデビットカードが使えるのですが、いざ降車時の支払いに使おうとしたら断わられました。理由は利益が上がらないからで、ワンメーターだとタクシー会社が不利益になるみたいです。私は自社の利益を考える前にお客様へのサービスを第一にしたほうがいいと思うのですが、どうでしょうか。
鉄道博物館に着くと、エントランスが激混み。しかし私は鉄道博物館の会員なので会員専用受付で会員証を見せて、入場カードを受け取ります。あとは自動改札を模した入場ゲートにタッチするだけです。とってもスムーズな入場でした。
f0077838_15245546.jpg
鉄道博物館入口


まずは鉄道博物館の一番目玉であるヒストリーゾーンへ向かいます。一目見て感動です! 往年の名車がズラリ! 最初にマイテ39 11一等展望車が私たちを出迎えてくれました。私は一等展望車の本物を初めて見たので、これまた感動しました。車内は戦前の桃山造りという内装。椅子は当時のものと違うようですが、これほど間近に見られるのは凄い!
f0077838_1755109.jpg
マイテ39 11


f0077838_1526339.jpg
マイテ39 11車内


次は、国鉄型特急・急行。485系ボンネット車、181系や455系電車などが見られます。
181系の車内がすごい。昭和40年代標準の普通車シートがズラリと並びます。リクライニングも出来ず、シートピッチも狭い座席ですが、シートに座って現役当時を想像すると何時間でも座りたくなるような、そんなノスタルジックなシートです。私はこのシートに初めて座ったのですが、なぜか懐かしいような感じを抱きました。モケットの色とアームレスト意匠には本当に感激します。車内には当時の帰省を再現した父子の会話がスピーカーで流れます、そのなかに「特急なんかお父さんも滅多に乗らんねぇんだから・・・」という会話があります。この父親がどのくらいの社会階級かは知りませんが、当時の庶民にはグリーン車(一等車)はもとより、特急普通車(二等車)でさえ高嶺の花だったのかも知れません。そんな当時人々から見ればグリーン車に乗りまくる私みたいのにたいして恨めしく思うかもしれません。(←自慢か!?)
f0077838_15282728.jpg
181系特急型電車クハ181 45


f0077838_15295059.jpg
クハ181 45の前で写真に写るsotechanこと管理人


f0077838_15362879.jpg
181系車内


f0077838_15314295.jpg
181系シート(横から)


f0077838_15321571.jpg
181系シート(前から)


f0077838_15324867.jpg
アームレスト


f0077838_15331017.jpg
テーブル(閉じた状態)


f0077838_15341772.jpg
テーブル(開いた状態)


f0077838_1535075.jpg
灰皿


f0077838_17332480.jpg
冷水器


485系の車内も基本的に181系と同じでした。違うところを言えばカーテン生地のデザインが違いました。この車内は飲食可能で、弁当の匂いが漂っていました。
f0077838_1538954.jpg
485系特急型電車クハ481 26


455系急行型電車の車内は車両の前方だけロングシート改造にしてあり、なんとも不思議な車内でした。
f0077838_17372195.jpg
455系急行型電車クモハ455 1


f0077838_17392955.jpg
455系シート


お次は新幹線の展示。200系のシートはリクライニングできるので寝るには快適です。シートも現在の新幹線車両のシートよりもフカフカ。車内には211系グリーン車の匂いが漂っていました。
f0077838_17442599.jpg
0系新幹線


f0077838_17501016.jpg
0系シート


f0077838_17455088.jpg
200系新幹線


f0077838_17463914.jpg
200系車内


f0077838_1747411.jpg
200系シート(2列席)


f0077838_17491469.jpg
200系シート(3列席)


その後はラーニングゾーンを見学して、新幹線の運転シュミレーションをし。ここでKさんはお先に帰っていきました。私は閉館近くなり、ガラガラになったヒストリーゾーンをもう一度見学。181系の車内を独り占めすることもできました。
帰りは埼玉新都市交通で大宮へ。大宮からは18:24発の特急ウィークエンドあかぎ1号で帰りました。
後編では12月16日の分をお話しします。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2008-01-19 17:57 | 旅行