鉄道を中心に日々の出来事や社会現象、植物の事などを記録しています。
タグ:お出かけ ( 93 ) タグの人気記事
10月13日 大回り旅行(特急おはようとちぎ号・E217系)
もう、だいぶ前の話になり、詳細も覚えていないのですが、覚えている限りでお話しします。
10月13日に「特急おはようとちぎ号」と「E217系グリーン車」乗車のための大回り乗車に行ってきました。
今回は前橋からスタートします。前橋7:05発の115系使用の普通列車で小山へ。この列車と路線にはいつも乗車しているので、必ずと言っていいほど寝ます。途中、桐生で183系運行の「旅のプレゼント号」に遭遇。すれ違いざまに写真を撮ろうとしましたが、あまち上手な写真は撮れませんでした。その後も熟睡し、小山には8:40着。
f0077838_17282269.jpg
183系 旅のプレゼント号(桐生で撮影)


お次は今回の目的の一つである8:56発「特急おはようとちぎ4号」に乗車します。新宿行きということで、185系田町車が使われていました。勿論、グリーン車に乗車。車内は一見グリーン車といった感じはしません。普通車の様な座席が並んでいます。座ってみて初めて、グリーン車の座席だと分かるような感じです。185系大宮車と違って、国鉄型のシートをリニューアルしたわけではなく、座席自体を交換してあります。
では感想を言います。率直に言わせてもらって「これがグリーン車の座席か!?」といった感じです。センターアームレストはないし、フットレストは土足用一面しかないし・・・・ これにグリーン料金を払うのは損ですよ。
逆にグリーン車らしいところを言えば、シートピッチが広いこと、リクライニング角度が大きいこと、車内にグリーン車らしい空気が漂っていることでしょうか。まぁ、グリーン車としての最低限度の装備ということですね。
まぁ、こんなグリーン車でしたが、一度くらいは乗ってみるのもいいかもしれません。
グリーン車の車内には私を含め3人程乗っていました。そのうちの一人は車掌が来ると、間違ってグリーン券を買ってしまったと告げ、普通車に移っていきました。もしかしたら予想以上のグリーン車の悪さにガッカリしてしまったのかもしれません。2人になった車内は大宮を過ぎ、何時しか新宿に。新宿には10:09着。
f0077838_17291328.jpg
特急おはようとちぎ号グリーン車内


f0077838_17302447.jpg
特急おはようとちぎ号グリーン車内


f0077838_17311595.jpg
グリーン車座席


f0077838_17331623.jpg
バックレスト裏側


f0077838_17334671.jpg
フットレスト


f0077838_17342081.jpg
客席入り口ドアのグリーン車表示


f0077838_1735843.jpg
185系 おはようとちぎ4号(新宿で撮影)


新宿からは総武各停に乗り、秋葉原へ。秋葉原からは京浜東北で上野に向かいます。都心の電車は然程人がおらず、十分に座れました。
上野からは10:52発E531系使用の普通電車で安孫子へ。グリーン車に乗ろうと思ったのですが、短距離なのでパスさせていただきました。この電車は立ち客が出るほど混みあっていました。安孫子には11:26着。
安孫子からは11:46発E231系使用の普通電車で成田に向かいます。私が席を座った後に中学生がドサッと乗ってきました。中学生ってのはいいですね。いろいろな意味で・・・・
2・3駅過ぎたあたりで中学生たちが下車し、車内には静寂が訪れます。静かになるのはイイですが、目には寂しい・・・・ あぁ、何言ってんだか。
1時間ちょっとで成田に到着。12:27着。
f0077838_17362723.jpg
成田線 E231系(成田で撮影)


成田からは今回の第二目的のE217系グリーン車乗車となります。駅のNEW DAYSで幕の内弁当を買い、13:13発の快速横須賀行きに乗り込みます。成田空港から乗ってくる客は意外と少なく、3・4人乗っているだけでした。E217のグリーンには初乗車ということで、二階席に腰を下ろします。私の感想としては、普通列車グリーン車の中で一番高級感のある座席だと思いました。まずモケットに高級感があります。211系のグリーン車よりシートサイズもデカイですし、E231やE531よりフカフカしています。フットレストはないですし、リクライニングも特急のグリーン車より浅いですが、普通列車のグリーン車としては十二分です。私はE217のグリーン車が普通列車グリーンの中で最高のものと認識しています。
座席に腰掛け、弁当を開封し、暫くするとアテンダントさんが「お食事中失礼いたします。グリーン券を拝見させていただきます。」と丁寧に挨拶し、車内改札に現れました。こんなアテンダントさんの丁寧な接客も弁当を一層おいしくさせます。二階席からの展望も最高です。
千葉を過ぎるとグリーン車はほぼ満席に、子供も乗ってきて車内は一層騒がしくなるのですが、何故かこの日は苛々しませんでした。E217系のグリーン車には不思議な力があるのかもしれません。
品川を過ぎて暫くすると新幹線と並走。700系新幹線が悠々と追い越していきます。新幹線との並走を楽しむと横浜に到着。横浜を出ると、横浜独特の地形が目を楽しませます。戸塚を過ぎると、もうすぐE217系グリーン車も終りです。大船、15:13着。
f0077838_1738583.jpg
E217系(成田で撮影)


f0077838_17393166.jpg
E217系グリーン車内


f0077838_17405283.jpg
グリーン車座席


f0077838_17413753.jpg
バックレスト裏側

f0077838_17421720.jpg
車内で食べた弁当


大船からは驚異の秒速乗り換えで、15:13の快速アクティーに乗車。ホームで走っていたら駅員に「危ないですから、走らないでくだぁさぁ~い。」とマイクで放送されましたが、「おれはグリーン車の乗客だぜぇ!」といった勢いで、お構い無しにホームを駆け抜けます。乗車したアクティーは211系。この列車で茅ヶ崎まで行きます。
茅ヶ崎からは15:36発の相模線普通列車で橋本へ。この列車の中では疲れが出たので、寝ました。橋本からは横浜線で八王子へ。八王子からは八高線で高麗川へ向かいます。高麗川行きの列車の中は混雑していて、座ることが出来ませんでした。
高麗川からは18:09発の高崎行きに乗り込みます。珍しく、一人席を確保することができました。すっかり真っ暗になった車窓にディーゼルエンジンの音が混じりあい、なかなか風情があります。倉賀野で下車し、高崎線普通列車の前橋行きに乗り込み、新前橋で下車。これで今回の大回り旅行も終りです。
f0077838_1743261.jpg
相模線 205系(橋本で撮影)



それでは・・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-12-27 17:46 | 旅行
8月17・18日 2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3(小海線・大鉄道博覧会 ほか)第九回
前回は小淵沢までお話しました。今回はそこからです。
小淵沢からは小海線に乗り換えます。車両はJR東日本の新型ハイブリット気動車であるキハE200形です。8月に登場したばかりの新車だけあって、車内は新しげな匂いが漂っていました。車内の感じはE231系のような感じで、JR東日本のスタンダードな内装です。内装の発注メーカーが同じメーカーなのでしょう。たしか天龍工業だったような気が・・・・
f0077838_16253286.jpg
キハE200形(小淵沢で撮影)


清里で一回下車。徒歩でJR線標高最高地点まで行こうとしましたが、かなり歩くことが判明し、JR最高標高駅である野辺山駅まで列車で行くことにしました。しかしながら野辺山駅からも最高地点までは歩くわけで・・・・ タクシーを使うことにしました。このタクシーがまた面白いタクシーでね。タクシーメーターが無いんですよ。料金支払いのときに「支払いはどうするのかな。」と思っていたら、「駅にはなんて書いてありましたか?」と聞かれ、駅の乗車場所に書いてあった料金表の値段を告げたら、その値段になりました。
最高地点では最高地点記念塔と小海線のキハ110系を撮影。近くのそば屋でそばを食べて、国道を歩いて野辺山駅まで引き返すことにしました。f0077838_1753055.jpg
清里駅


f0077838_1775444.jpg
キハE200形(清里で撮影)


f0077838_1785368.jpg
最高地点に立つオベリスク(?)


f0077838_1792524.jpg
最高地点の石碑


f0077838_1795483.jpg
キハ110系(最高地点で撮影)


f0077838_17105922.jpg
昼食のそば


途中、ヤギさんに遭遇し一緒に記念撮影。SLランド(?)みたいなところでゴーカートに乗り、野辺山駅へ。
f0077838_17131043.jpg
ヤギさん


f0077838_17365892.jpg
八ヶ岳


野辺山駅で列車を待つ間、kyaputen_ryotaさんは小淵沢駅で買った駅弁に舌鼓を打っていました。
野辺山駅に到着した気動車はキハ110系。この形式は八高線でもお馴染みなので、あまり新鮮な感じがしません。慣れちゃってるんですよね。f0077838_17143289.jpg
野辺山駅


f0077838_17152836.jpg
キハ110系(野辺山で撮影)


f0077838_17162782.jpg
小海線からの車窓


さてさて次は温泉です。佐久海ノ口駅を下車してすぐのところにある。海ノ口温泉に入浴しました。途中、源泉のような所があったので、お湯に触ってみると「ぬるっ!!」と声を上げてしまいました。30度位しかない源泉でした。
和泉館という旅館で入浴したのですが、料金が350円。お湯のほうは正直言って「・・・・」な感じでしたが、お値段がこの値段ならまぁイイんじゃあないでしょうか。
f0077838_17172957.jpg
海ノ口温泉の源泉(?)


f0077838_17183180.jpg
立ち寄り湯をした「和泉館」


温泉に入浴後は再び小海線に乗車。一気に小諸まで行きます。車内では旅の疲れが出てきたのか、ウトウトしてしまいました。
小諸からはしなの鉄道に乗り換え、軽井沢に向かいます。形式は115系でしたが、JRのものとは内装が違っていて、オリジナルさが出ていて良かったと思います。
f0077838_17205763.jpg
海ノ口駅


f0077838_17212171.jpg
しなの鉄道115系(小諸で撮影)


軽井沢からは新幹線以外の鉄道がありません。生憎、新幹線に乗るお金は無かったので、バスに乗り信越本線横川駅まで向かうことにしました。軽井沢や国道18号碓氷バイパスは霧で全く視界がありませんでしたが、バスは定刻通り横川駅に到着しました。そうそう、言い忘れましたが、このバスの中で峠の釜めしを頂きました。私は駅弁の中で此の峠の釜めしが一番好きです。「駅弁」という言葉を聞いて頭の中で思い浮かべる駅弁は釜めしです。
f0077838_17224621.jpg
霧の軽井沢駅


f0077838_17232775.jpg
軽井沢-横川間のJRバス


f0077838_1724683.jpg
おぎのや「峠の釜めし」


横川からは信越線普通列車で高崎に向かいます。形式は115系。高崎地区の115系だけあって乗りなれており、「帰ってきたぁ」といった感じがします。そんな感じでリラックスしたのか、この列車の中では爆睡。気付くと北高崎を発車するところでした。
高崎からは普通列車で新前橋へ。これで今回の旅も終りです。
f0077838_17252580.jpg
横川駅


f0077838_17264245.jpg
115系(横川で撮影)


「ふぅー」と、ひと段落ついたところでハプニングが! なんと新前橋駅で青春18きっぷを紛失しました。まだ一回分残っており、房総半島旅行をする予定でしたが、おじゃんになってしまいました。まぁ、元は十分にとれたからいいですけど・・・・
___________________________________________________________

この旅行記には大変に時間が掛かってしまいました。大変申し訳ないです。今後はこの様な事が無いように努力しますが、忙しい身の上なので、今後もこの様な事が起こるかもしれません。その時はご理解の程よろしくお願いいたします。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-12-21 17:38 | 旅行
写真は飽きたでしょうか?
読者の皆さんは多分、私のクオリティの低い鉄道写真にはそろそろ飽きてきたかもしれません。そこで今回は動画を張り付けてみました。鉄道車両は動くものですから、動画のほうが楽しいかもしれません。静止画と同じく、動画もクオリティもあまり高いとは言えませんが、どうぞ新鮮な気持ちで見てもらえれば幸いです。
ちなみに動画は12月1日に家族で軽井沢に行きまして、その時に撮影したものです。

しなの鉄道普通列車の信濃追分駅発着シーン


長野新幹線あさま529号の軽井沢駅発着シーン


長野新幹線あさま534号軽井沢駅発着シーン

動画はお楽しみいただけたでしょうか?

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-12-04 22:22 | 旅行
時刻表検定
11月18日に時刻表検定を受けに大宮に行ってきました。
朝は新前橋駅から特急あかぎ4号に乗車。車販でコーヒーを買ったら、通常300円のところ、モーニングサービスということで200円でした。200円でおいしいコーヒーを頂けるなら何時でも買いますが、200円だとチョット躊躇しますね。
大宮からは東武野田線に乗り換え、北大宮へ。そこからは徒歩で試験会場のJA共済ビルへ向かいます。JAビルに入った瞬間に「時刻表検定は地下一階です。」と言われました。私ってそんなに「鉄道ファン」臭が漂っているのでしょうか?
試験会場に入ると、一目で鉄道ファンと分かる方々がいっぱいいました。
試験開始は試験官の時計で行われるのですが、2分進んでいたらしく、10時ちょうどの試験開始が、9時58分に繰り下がりました。ちゃんと時計くらいは合わせてきてほしいですよね。
試験内容としては時刻表全般が出題され、「時刻表の上手な使い方」から「座席表」まで、くまなく出題されました。時間は相当時刻表を使い慣れていないと完全解答できない時間に設定されていて、私は時間が足りませんでした。この検定は「どこまで時刻表を早く引けるか」が焦点になる検定みたいです。
難しい問題は、私的には航空関係の問題が難しかったと思います。日頃は鉄道関係のページしか見ませんですので・・・・ これからは飛行機を使った空想旅行もしなくてはならないのでしょうか?
試験後に解答が配られたのですが、3級にどうにか合格できたみたいです。まぁ、第二種試験では3級までしか合格できませんので、マアマア上出来なのかもしれませんね。
時刻表に自信のある方は受けてみたら如何でしょうか?

帰りに話題の鉄道博物館にも寄ってきましたが、そちらは後ほどお伝えします。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-11-26 17:58 | 旅行
8月17・18日 2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3(小海線・大鉄道博覧会 ほか)第八回
前回はシート案内でしたが、今回から旅行記を書きたいと思います。
快速「ムーンライト信州81号」で白馬に着いたところまで話したと思います。今回はそこからです。
白馬駅の改札を青春18きっぷで抜けようとしたところ、駅員から「指定券は?」と言われました。このような経験は初めてだったので、「えっ、指定券も見せなきゃならないわけ?」と聞き返すと、「そうです。」と言われてしまいました。田舎の駅は本当に不思議ですね。
やはりムーンライト信州の利用客は登山目的の客が多いらしく、白馬駅のベンチはほとんど、大きなリュックを背負った人々でいっぱいでした。私たちは駅舎だけ写真を撮って、再び改札内へ入ります。
f0077838_15128.jpg
白馬駅舎


白馬からは大糸線を塩尻に向かって戻っていきます。朝もやの晴れた湖を再び眺めながら、話に花を咲かせていると、いつしか信濃大町に到着しました。
f0077838_163975.jpg
E127系100番台(白馬で撮影)


f0077838_1111031.jpg
大糸線からの車窓


信濃大町からは快速で塩尻まで行くつもりだったのですが、その列車が大幅に遅れていました。普通乗車券の利用者は特急「スーパーあずさ」で代替輸送してくれることになったのですが、18きっぷはダメとのこと・・・ 私たちが駅員に抗議したら、18きっぷでも乗れることになりました。久しぶりにJRに感動したのでした。
やはり特急の座席はイイ!! リクライニングが最高です。青春18きっぷでリクライニングシートには普通列車自由席のグリーン車でしか乗れないと思っていたのに、追加料金無しで乗れるとは、本当に感激です。緊急時も時と場合によればイイですね。良い経験になりました。
f0077838_11222.jpg
E127系100番台(信濃大町で撮影)


f0077838_1123861.jpg
E351系 特急「スーパーあずさ」(信濃大町で撮影)


特急に乗れたことで、塩尻からの乗る予定だった列車にどうにか間に合いました。塩尻からは中央本線の辰野支線に乗り換えます。列車は「ミニエコー」という愛称の123系電車。一両編成という、超短編成です。駅弁を買って、いざ乗車。辰野までの区間は車窓から谷間の風景が望めます。
f0077838_1133667.jpg
123系 「ミニエコー」(塩尻で撮影)


f0077838_1143270.jpg
「とりめし」弁当(パッケージ)


f0077838_115379.jpg
「とりめし」弁当(中身)


f0077838_116242.jpg
中央本線辰野支線からの車窓


辰野からはJR東海の313系電車で岡谷へ。リクライニングはしませんが、特急列車のような座席配置でした。岡谷では特急「あずさ」のE257系を撮影し、中央本線115系普通列車で小淵沢に向かいます。途中、諏訪湖も少しだけ望めました。
小淵沢からは次回にお伝えします。
f0077838_1155520.jpg
辰野駅舎


f0077838_117559.jpg
岡谷駅舎


f0077838_1174242.jpg
岡谷駅ロータリーから見える、長野自動車道岡谷JCT付近


f0077838_1184455.jpg
115系電車(岡谷で撮影)



それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-11-16 01:24 | 旅行
8月17・18日 2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3(小海線・大鉄道博覧会 ほか)第七回
前回お話しした通り、今回は快速「ムーンライト信州」のシートの話をしたいと思います。
私が乗った時に充当された車両は国鉄色189系(183系かもしれない)幕張車でした。車内は完全にグレードアップ改造された車両です。このグレードアップ車は特急「あずさ・あさま」の高速バス対抗を目的として作られました。
さて、普通車からお話ししましょう。普通車の座席はハイデッキ仕様のフリーストップリクライニングシートです。ハイデッキというのは、通路の部分より座席の部分の床を高くした構造のことで、若干ですが窓からの眺望が良くなります。シートピッチは長時間乗るには狭く感じます。座席下に暖房器具があるため、足も延ばすことができません。シート自体は普通車として良好の部類に入ると思います。また、座席の上には読書灯があり、これは夜間の物書きや読書にかなり便利に使えます。この車両で最大の弱点は窓と座席の配置が合っていない席があることではないでしょうか。自分の席の窓の部分が柱だったらガッカリですよね。せっかくのハイデッキ仕様も台無しです。では、写真をご覧いただきましょう。
f0077838_14721.jpg
普通車座席


f0077838_1474389.jpg
普通車座席バックレスト裏側(快速「足利藤まつり号」で撮影)


お次はグリーン車です。もう20年くらい前のシートになるわけですが、現在でも立派に特急のグリーン車として使えるシートであると思います。JR北海道などの最新グリーン車と比べれば、もちろん見劣りしてしまいますが、JR東日本の中ではまだ十分やっていけます。特急「あかぎ」などの185系グリーンシートに比べればずっとマシです。それにしてもシートがデカイ! 横3列の配置なので、横幅も広いです。クッション性も抜群。硬すぎず、柔らかすぎずのベストな硬さです。シートの上には当然に読書灯を完備。シートピッチも十分です。これで車内灯が白熱球色だったら最高なんですがね。では写真をご覧ください。
f0077838_1491253.jpg
グリーン車二人掛席


f0077838_150134.jpg
グリーン車二人掛席バックレスト裏側


f0077838_1505564.jpg
グリーン車一人掛席の全展開状態


f0077838_1513824.jpg
グリーン車一人掛席バックレスト裏側


f0077838_1521024.jpg
フットレスト



さて、次回からはシート説明ではなく、旅行記が再開します。ご期待ください。
それでは・・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-10-26 01:55 | 旅行
8月17・18日 2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3(小海線・大鉄道博覧会 ほか)第六回
さて、夜の主役、快速「ムーンライト信州81号」白馬行きの登場です。車両形式は189系(もしかしたら183系かもしれません)。特急車両に指定席料金510円だけで乗れてしまうなんて感激です。しかも乗車時間が長い! 国鉄型特急車両好きの私にはたまらない贅沢です。ここで、グリーン車に乗れたら発狂するかもしれませんが、あいにく「青春18きっぷ」では指定席グリーン車に乗れないのでセーフでした。
f0077838_1844343.jpg
189系 快速「ムーンライト信州81号」(新宿で撮影)


f0077838_18462367.jpg
ムーンライト信州81号の方向幕


中央線人身事故の影響で、15分ほど遅れて出発。0:15の発車でした。暫くすると車掌さんが到来。車内アナウンスの前にメロディが鳴らなかったので、車掌さんに聞いてみたところ、機械を取っ払っちゃたらしく、メロディは流せないとのことでした。残念。車掌さんに指定券と青春18きっぷに押印してもらうと、群馬県在住のとある鉄道ファンのブログの管理人であるkyaputen_ryotaさん(以下、ryotaさんと省略)はアイマスクを付けて、睡眠体制に。私は中央本線に初めて乗るので、小淵沢まで起きていることにしました。とは言っても、お外は真っ暗。八王子を過ぎると、中央自動車道や国道20号線の明かりしか見えなくなります。私は車内で、前日に買った「大鉄道博覧会の目録」を読んでいました。この列車には嬉しいことに読書灯がついていて、快適に本を読むことができました。ペラペラと読んでいくと、集団就職の頁を発見。私は当時の集団就職者と同じ年齢になるわけですが、置かれている立場が全く違います。たぶん、彼らも夜汽車の中で私たちが見ているのと同じ、漆黒の闇夜を見ていたのだと思いますが、どういった心境だったのでしょうか。そんなことを考えて物思いに耽ってみたりしましたが、ここで私の悪い性格が発動。約50年前の彼らは当然に三等車の堅いシートにお座りだったと思いますが、私たちは特急型電車の普通車リクライニングシートに座っているわけです。そう思うと、顔がニタニタしてきて、挙句の果てには集団就職列車を片目に当時のキハ81系特急「はつかり」の一等車から降り立つ妄想をしたりして、完全に自分の世界に入り込んでしまったのでした。本当にこの悪い性格は直さなきゃいけませんね。
そんなことをしているうちに列車は甲府に停車。甲府を過ぎると、夜に強い私でも流石に眠くなってきて、所々眠ってしまいました。最後に小淵沢の駅票を見届けて爆睡。次に目覚めたのは松本到着前でした。外は夜が明け始めていて、薄っすらと明るくなっています。松本を過ぎると大糸線に入りローカルな風景が望めます。信濃大町を過ぎると湖があり、薄っすらと朝靄(あさもや)がかかった湖畔の風景には少なからず感動を覚えました。
その美しい風景を過ぎると、終点白馬に到着。本当に長い乗車でした。6時間近くは乗っていたと思います。流石にリクライニングシートでも辛かったです。
f0077838_18472922.jpg
車内で食べた、木村屋のあんぱん


以下、三枚は信濃大町~白馬間で見られる湖の景色

f0077838_18502039.jpg



f0077838_18505937.jpg



f0077838_18514774.jpg



f0077838_1854467.jpg
189系 快速「ムーンライト信州81号」(白馬で撮影)


f0077838_18552221.jpg
ムーンライト信州81号のヘッドマーク



今回はここまでにしようと思います。
次回は、ムーンライト信州のシートについてお話ししようと思います。ご期待ください。

それでは・・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-10-22 19:00 | 旅行
8月17・18日 2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3(小海線・大鉄道博覧会 ほか)第五回
今回で五回目。なかなか前に進まない旅行記ですが、まぁ我慢して読んでいただけると幸いです。久しぶりの大旅行だったので、書きたいことがたくさんあるんですよね・・・・
さて、新幹線撮影を終えた私たちは栄松堂書店に向かいました。この本屋も神田の書泉グランデと同じく、鉄道書籍の品ぞろえが豊富なことで有名です。「群馬県在住のとある鉄道ファンのブログ」の管理人であらせられるkyaputen_ryotaさん(以下、ryotaさんと省略)は鉄道ファンを購入していました。実はこの栄松堂さんは鉄道系雑誌を一般の発売日前に販売してしまうのです。ryotaさんが購入した鉄道ファンも、この時は一般の書店で発売していないものでした。なんか、発売日前に買えるなんて、優越感を感じちゃいますよね。
その後は夕食。色々と店を探した揚句、東京駅地下街の「番外地」というラーメン屋に入りました。ここのラーメンはなかなかの味だったと思います。スープまでしっかり飲ませていただきました。
f0077838_1331426.jpg
東京駅地下街のラーメン店「番外地」


f0077838_13426.jpg
私が注文した味噌ラーメン(?)


夕食後は東京駅から中央線快速に乗って新宿へ。E233系に初めて乗ることができました。車内の感じは山手線を走っているE231系500番台に似たような感じです。この列車の車内でryotaさんが、S字フックを吊革棒に引っ掛け、荷物を吊るすという旅慣れた感じの技を披露してくれました。しかし、S字フックの耐久性が無かったらしく、「ドサーン」と荷物が床に落ちてし合いました。少し恥ずかしかったですね。
新宿では都庁の展望台に行くことにしました。しかし、その前に私の便意が催してきたので、ビックカメラで排便。そうそう、私はウォシュレットがないと排便できないタイプなので、ビックカメラのトイレにウォシュレットが付いていたのには助かりました。
排便も終え、いよいよ都庁に出発です。夜の新宿だけあって、通りを歩くのは怖かったのですが、特に何事もなく無事に都庁に付きました。
f0077838_1353673.jpg
損保ジャパン本社ビル


f0077838_1363420.jpg
中央は新宿センタービル(?)


f0077838_1393749.jpg
西新宿の一交差点


f0077838_14163.jpg
東京都庁舎


都庁展望台へは地下入口から入ります。入口で手荷物検査がありました。荷物か多かっただけに、少々説明に苦労しましたが、無事にスルーできました。エレベータは普通の高速エレベータです。我が群馬県庁のように展望エレベータがあると観光的には良いと思いますが、どうなのでしょうか。45階展望台に到着すると、大東京の素晴らしい夜景が見渡せます。展望台には外人のお客が多いようでした。

以下、8枚の写真は都庁舎展望台からの夜景

f0077838_1462319.jpg



f0077838_1465657.jpg



f0077838_1471280.jpg



f0077838_1475097.jpg



f0077838_148973.jpg



f0077838_1484375.jpg



f0077838_149178.jpg



f0077838_1492255.jpg



展望台を後にした私たちは再び新宿駅に戻ります。都庁から新宿駅に戻る間をタクシーに乗ろうと思ったのですが、みんな回送表示。ようやく見つけた一台にも、「新宿駅まで乗せてください。」と、言ったとたん「あぁ、この道まっすぐね。」と言われ、断られました。この時間のタクシーは商売する気がないのでしょうか。
新宿からは、いよいよ今夜の主役列車である「快速ムーンライト信州81号」に乗りますが、それはまた次回にします。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-10-03 01:54 | 旅行
8月17・18日 2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3(小海線・大鉄道博覧会 ほか)第四回
この頃、更新が滞りすみません。久々の更新です。
前回、有楽町から山手線に乗り東京で降りたところまでお話しました。今回はその後の新幹線撮影の話をしたいと思います。まず、青春18きっぷでは新幹線ホームに入れないので、入場券を買います。値段は130円。普通、入場券は140円なのですが、東京都内は初乗り運賃が130円なので、入場券も130円になっているのでしょう。
東京駅での新幹線撮影の目玉と言ったら、やはりN700系です。今年、7月のダイア改正で登場しました。先端部の改良、全周幌、グリーン車の改新、振り子式の導入と、かなり改良をしたのですが、なぜ700系の頭に「N」を付けただけなのでしょうか。900系にしても良いような気がします。先端部はデザイン性には欠けますね。実用一点張りの形です。やはりデザイン的な観点から言えば0系新幹線が一番じゃあないでしょうか。美しさの中に可愛さも兼ね備える、0系のデザインには何とも言えないものがあります。
f0077838_1964083.jpg
N700系(左)と700系(右)(東京で撮影)


f0077838_1975859.jpg
N700系グリーン車シート


f0077838_1983132.jpg
N700系オーディオコントロールパネル


お次は500系。N700系と同じ300km/hを出す車両ですが、N700系よりもデザイン的な顔をしています。この500系は東京駅から撤退するとの噂もあるので、N700系が量産されると、東海道区間では見られなくなってしまうかもしれません。グリーン車内はやはり重厚感があります。シートは東海道山陽区間を走る新幹線で唯一この形式だけ、可動式の枕があります。
そのほか外観だけで、700系や300系の写真も撮れました。
f0077838_1993794.jpg
500系新幹線(東京で撮影)


f0077838_19103254.jpg
500系グリーン車シート


f0077838_19105555.jpg
500系グリーン車シートバックレスト裏側


f0077838_19115232.jpg
500系オーディオコントロールパネル


f0077838_19122641.jpg
500系フットレスト


f0077838_1913092.jpg
300系(左)と700系(右)(東京で撮影)


その後はJR東日本の新幹線を撮影。まずはE4系です。今回、初めてこの車両のグリーン車に立ち入りました。感想としては、シートがデカすぎです。本当にデカすぎて、写真に納まりきれないほどでした。鉄道の車両では珍しい、レッグレストも装備されています。リクライニングもかなりの傾斜角度です。車内灯はムディーな印象を出すため、白熱球色の明かりが使用されています。
f0077838_1914367.jpg
E4系新幹線(東京で撮影)


f0077838_1915230.jpg
E4系グリーン車シート


f0077838_19153587.jpg
E4系グリーン車シートバックレスト裏側


f0077838_1916315.jpg
E4系(左)とE2系(右)(東京で撮影)


次は200系です。現在、200系はすべてリニューアルされています。車内設備もその際に一新されました。グリーン車はE2系と似たような印象です。シートはE2系がオレンジと灰色、200系が緑といったふうにモケットの色が違うだけです。車内灯は白熱球色です。
その他、外観だけですが、E2系も撮影することができました。
f0077838_19174350.jpg
200系新幹線(東京で撮影)


f0077838_19182443.jpg
200系グリーン車シート


f0077838_2522758.jpg
200系グリーン車シートバックレスト裏側


f0077838_2533351.jpg
200系フットレスト


f0077838_2541940.jpg
200系(左)とE2系(右)(東京で撮影)



本当は入場券で客車内には入れないのですが、その辺はおおめに見てください。
それでは・・・・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-09-26 03:01 | 旅行
8月17・18日 2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3(小海線・大鉄道博覧会 ほか)第三回
では、久々に「2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3」の続きを書くことにします。

「大鉄道博覧会」を見た後はマクドナルドお昼。ダブルチーズバーガーセットを注文しました。ryotaさんは煙草の副流煙が苦手みたいで、禁煙席を希望していましたが、禁煙席は残念ながら満席。仕様がないので、喫煙席で食事をとります。その後、禁煙席が空いたので、すぐに移動しましたが・・・・ 話は変わりますが、現在JR東日本の新幹線・特急列車はほとんどが全車禁煙になっています。列車以外も全て禁煙にしてほしいところですが、そうもいかないみたいですね。
食事を撮った後は秋葉原へ。両国から総武線各駅停車で向かいます。秋葉原では鉄道模型のお店「ポポンデッタ」を訪れました。お店に着いてみると、「小さいお店だなぁ~」と思いましたが、4階建のビル全体が店舗ということが判明。さすが秋葉原です。品揃えも十分。鉄道模型ならこの店でOKといった感じです。模型以外でも古い鉄道雑誌や古い時刻表なども陳列してありました。私としてはそういった古本のほうが感激です。
f0077838_16262253.jpg
総武線各駅停車 E231系(両国で撮影)


秋葉原の後は、神田神保町へ。古本探しです。秋葉原から電車に乗り水道橋で降ります。この日はとても暑く、少し歩いただけでも汗がダラリと出てきます。私の場合、汗が脂っぽいので、タラリじゃなくダラリになります。まぁ、そんなことはどうでもイイのですが・・・
書泉グランデで鉄道関係の書籍を立ち読みしたあと、小宮山書店で鉄道ジャーナルの古本を購入しました。
f0077838_16272553.jpg
書泉グランデ


神保町の後は地下鉄で銀座に向かいます。銀座では前から行きたかった文房具店の伊東屋に足を運びます。さすが東京銀座。品揃えが違いますね。万年筆もほぼ全ての種類が揃っています。私が前橋で注文買いをしたボールペンなども、しっかり店頭に置いてありました。伊東屋の後は木村屋であんぱんを買いました。この日の夜に乗る予定の快速「ムーンライト信州」の中で食べるためです。この木村屋に足し算ができない店員さんがいたことにはビックリしました。数学嫌いの私でもその位のことはできます。って言うか、足し算って数学じゃあなくて算数ですよね。
f0077838_16281929.jpg
地下鉄の車両(神保町で撮影)


その後は有楽町から山手線に乗って東京へ。新幹線を撮るためです。新幹線撮影はチョット長くなるので、次回にしたいと思います。
f0077838_16285495.jpg
山手線 E231系500番台(有楽町で撮影)


それでは・・・・

追記:「8月17・18日 2007年夏の青春18きっぷ旅行Part3(小海線・大鉄道博覧会 ほか)第二回」にて、星晃さんのインタビュービデオをアップしました。
[PR]
by sotechan | 2007-09-15 16:36 | 旅行