鉄道を中心に日々の出来事や社会現象、植物の事などを記録しています。
タグ:鉄道 ( 85 ) タグの人気記事
疲れた
新学期も始まって、早二週間。だいぶニュースクールライフには慣れてきたのですが、鉄道ファンはまだ私の前に現れてはくれません。鉄道の話を学校でできないと、結構辛いものなのですね。話し相手が現れてくれることを願うばかりです。
話は変わりますが、この頃、疲れています。理由は通学にチャリで30分かかるからです。そんなに「疲れたぁ~~」といった感じはしないのですが、意識がないところでかなり疲れているみたいです。新しい環境で気疲れはするわ、通学で肉体的に疲れるわで大変です。寝るのが遅いのも影響しているでしょう。学校に行きたいか行きたくないかと言われれば、あまり行きたくはありません。でも、大学に入れるように頑張ります。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-04-20 17:41 | 日常
18切符で熱海へ・・・ (4月5日)
4月5日は未乗車区間を走破するため、熱海のほうまで「青春18きっぷ」を使って行ってきました。この切符もK君から購入しました。本当に何時もお世話になっています。
新前橋9:00発の普通列車で高崎へ。いつも高崎へまず向かいますが、それは高崎駅が群馬県一の大ターミナルだからです。高崎からは9:19発の「湘南新宿ライン」に乗り換えます。乗り換えの間には、試運転の蒸気機関車「D51 498」が停車中でした。勿論、カメラにおさめさせていただきました。「湘南新宿ライン」ではグリーン車に乗車しました。平日なのですが、春休みだけあって、車内はほぼ満席。私は座ることが出来ましたが、倉賀野や新町から乗車する人は座れないようでした。そして、熊谷から順調に快速運転をするこの列車にトラブル発生。りんかい線内のポイント事故により、埼京線に進入できないというのです。車内アナウンスでは「上尾にしばらく停車します。」と言っていました。その後、大宮までで運転見合わせになるかもしれないという旨のアナウンスが。しかし、実際に大宮に着いてみたら、「進行の指示が出たので、このまま運転を続行します。」とのアナウンスが流れ、ホッとひと安心しました。しかし、遅れは15分強。さらに遅れの取り戻し運転をしないばかりでなく、徐行運転を開始。どんどん定刻と離れていきます。最終的に小田原には30分遅れで到着しました。小田原では185系特急「踊り子」をパチリ。ここからは13:05発の普通電車で熱海に向かいます。こちらもグリーン車に乗りました。乗り換えをしても「高崎→熱海」のグリーン券で乗れるのです。ちなみに51キロ以上はどんなに乗っても平日950円(土休日750円)なので本当に助かります。乗れば乗るほどおトクというわけです。
f0077838_17544891.jpg
上越線115系(新前橋で撮影)


f0077838_17555433.jpg
湘南新宿ラインE231系(左)と試運転のD51 498(右) (高崎で撮影)


f0077838_1759129.jpg
湘南新宿ライン(高崎線)からの車窓


f0077838_1804386.jpg
新宿のビル群


f0077838_182468.jpg
大船観音


f0077838_1822574.jpg
湘南新宿ライン(東海道本線)からの車窓


f0077838_1831836.jpg
E231系のグリーン車内(2階席)


f0077838_183534.jpg
E231系のグリーン車両(小田原で撮影)

f0077838_1843363.jpg
小田原駅の改札


f0077838_1852935.jpg
185系特急「踊り子」(小田原で撮影)


f0077838_1863471.jpg
東海道本線(小田原~熱海)からの車窓


f0077838_1872410.jpg
小田原から乗車したE231系の普通電車(熱海で撮影)



熱海では、立ち食いそばを食べてから熱海の町に繰り出します。繰り出すと言っても、海を見てきただけなのですけどね・・・ 熱海からは14:00発の快速「アクティー」で茅ヶ崎に行きます。こちらも勿論、グリーン車。熱海から茅ヶ崎までは50キロ以内なので、750円(土休日は550円)でグリーン車に乗ることができます。車内で宿題を少し進めようと思ったのですが、結構揺れたので、あまりはかどりませんでした。茅ヶ崎では乗り換えに少しだけ時間があったので、改札を出て駅舎を撮りました。ここで思ったのですが、有人改札を抜けるときに「青春18きっぷ」を提示しても駅員は見向きもしません。これだったら、期限切れでも通れちゃいますね(笑) オイオイ、しっかりしろよ!JR東!!
JR東日本への不満はさておきまして、次は相模線に乗り換えます。14:56発の橋本行き普通列車に乗り換えます。形式は205系500番台。ドアは半自動式です。車内には高校生や社会人の皆様、お年寄りなどが乗車していました。要するに色々な人が乗車していたってわけです。この列車の人々はマナーが良かったです。高校生も群馬とは比べ物にならないほどマナーが良かったです。「おい!群馬県の高校生よ!これが都会人だ!」と言いたくなります。ジベタリアンなどは一切いません。
マナーに感動しているうちに橋本駅に到着です。橋本駅では横浜線に乗り換えます。橋本16:03発の普通列車に乗り、八王子へ。八王子では八高線に乗り換えます。乗り換えの間には中央線特別快速の201系の写真も撮りました。八高線は高麗川まで、205系3000番台に乗ります。沿線の風景は住宅地からやがて田畑の風景に変わっていきます。私的には住宅地の風景よりは田畑の風景のほうが好きです。どちらも「代わり映えのない風景」としては同じなのですけど・・・ 高麗川では八高線の高崎行き気動車に乗り換えます。八王子から高麗川まで乗った電車は川越線に入ります。高崎行き普通気動車の形式はキハ110系。この形式は3月の「土日きっぷの旅」で乗った陸羽東線の気動車と同じ形式です。外観の塗装パターンは違いますが、内装は同じ。陸羽東線ののどかな風景が思い出されます。今回の八高線の車窓は「畑&住宅地」の風景が大部分を占めています。それでも少しは山っぽい風景が見られました。このキハ110系は八高線内では少しノロめの運転をするのですが、高崎線内に入ると、かなり飛ばします。同じ列車なのかと一瞬疑うくらいです。高崎には少し遅れて到着。そこからは上越線の普通列車で新前橋へ。これで今回の旅も終わりです。
f0077838_1810362.jpg
熱海駅


f0077838_18105751.jpg
相模湾(熱海で撮影)


f0077838_18124062.jpg
茅ヶ崎駅


f0077838_1813925.jpg
相模線の205系500番台(茅ヶ崎で撮影)


f0077838_18141596.jpg
横浜線の205系0番台(八王子で撮影)


f0077838_18214718.jpg
中央本線の201系


f0077838_18221885.jpg
八高線キハ110系(左)と205系3000番台(右) (高麗川で撮影)



それでは・・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-04-11 18:29 | 旅行
アキバへ・・・
3月29日に秋葉原に行ってきました。勿論、鉄道を使っていきました。上野で「群馬県在住の一鉄道ファンのブログ」の管理人さん(以下、管理人さん)と待ち合わせをしていたので、上野まで単独行動になりました。まず、新前橋から普通列車で高崎に向かいます。そこからは新幹線に乗り換えます。この頃、新幹線に乗ることが多い私ですが、今回はK君から安く買った、「新幹線自由席回数券(高崎→大宮)」のおかげで乗ることができました。本当にK君には頭が下がります。高崎8:12発の「Maxとき304号」で上野に向けていざ出発です。車内は平日とあって、通勤などのサラリーマンが大多数でした。私はリクライニング機構がある下階席に座りたかったのですが、景色に何ら興味のないサラリーマンが多いだけあって、見事に満席。仕方なく上階席に座りました。3&3列はさすがにキツイ! 私は通路側の席だったのでまだマシな方だとは思いますが、中央の席の座り心地はどうなのでしょうか。考えただけでエコノミークラス症候群になりそうです。さて、その地獄的シートに腰かけた後は朝食になります。内容としてはカレーパンとメロンパンを食べました。お味は・・・・忘れてしまいました。(笑) 東京へ近づくにつれ、車窓から桜の花の風景が目立ち始めました。「群馬じゃあ、まだ咲き出したばかりなのに、チョット南に行くだけで変わるもんなんだなぁ~」と思っているうちにトンネル入り、上野に到着します。
上野では新幹線乗り換え改札を出るときに、乗り越し精算をしました。大宮→上野の分を現金払いしたわけです。新幹線乗り換え改札口を出た後は、待ち合わせのため、上野駅構内にある「三相の像」に向かいます。三相の像とは、全裸の女性像三体が、三方向を向いている銅像です。この下で管理人さんを待つことになります。しばらくすると、寝台特急「カシオペア」が平地ホームに入線。それと同時に管理人さんもやってきました。(管理人さんは「カシオペア」に乗っていたわけではありません。)
f0077838_12444137.jpg
EF81牽引の寝台特急「カシオペア」


「カシオペア」の写真を撮ってから、京浜東北線に乗り、秋葉原へ向かいます。この時間帯の京浜東北は快速運転ではないので、山手線と並走しました。秋葉原に着いたら、まずヨドバシカメラに向かいます。それにしても大きい電気屋ですね。感動してしまいました。管理人さんはここでデジタル一眼を買う予定だったみたいですが、予定を変更して地元のヤマダ電機で購入することにしたみたいです。理由は、ポイントがたまるから。納得ですね。ヨドバシカメラを後にした私たちは、名高きヲタクの集まる電器街へ。安売り商品に感動した後は秋葉原駅で臨時列車の指定をとってから、上野に向かいます。秋葉原には当然のこと、「Tシャツ&リュックの定番ヲタ」も沢山いました。

上野に着いたら、まず昼食をとります。吉牛で豚丼を食べました。時間が時間だけあって、店内は満席。ひっきりなしに注文が飛び交います。それに追いつこうとする店員の皆さんからは殺気が感じられました。昼食をとったあとは、国立博物館に行きました。国立博物館では現在、「レオナルド・ダ・ヴィンチ--天才の実像」という企画展を6月17日(日)まで行っています。それを観てきました。この企画展の一番の目玉は「受胎告知」の本物を展示していることです。当然ながら、私もそれを鑑賞してきました。感想としては、とてもシャープな印象を受けました。かなり細かく描かれています。やっぱり本物は凄いなぁ~~。本物をみた後は、ダ・ヴィンチの解説展示になるのですが、そこは人が多くてチンプンカンプン。もう少しゆっくり見たかったなぁ~。
f0077838_1249457.jpg
上野駅入谷口近くの桜並木


f0077838_1250048.jpg
国立博物館前


f0077838_12504728.jpg
「レオナルド・ダ・ヴィンチ--天才の実像」


f0077838_12514811.jpg
「平成館」前


博物館を後にした私たちは、群馬へ帰るために高崎行き普通電車に乗りました。グリーン車に乗車しました。やっぱりグリーン車はラクチンです。管理人さんも結構ハマってしまったようです。これが、グリーン車のパワーなのですね。快適な時間は思ったより早く過ぎるもので、あっという間に高崎に到着してしまいました。高崎からは普通電車で新前橋へ。これで小旅行が終わりました。

今回は写真が少なくてスミマセン。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-04-04 12:57 | 旅行
「土・日きっぷ」使用の旅行記(二日目)
二日目

二日目も新前橋からスタートです。まず新前橋から8:05発の特急「あかぎ4号」で高崎に向かいます。たった十分くらいのところで特急を使えるのも「土・日きっぷ」のなせる技なのです。車内では車掌が車内改札にやってきました。「どこまでですか?」と聞かれたので、「高崎までです。」と言いました。普通だったら、恥ずかしくて言えないなぁ~~。
高崎に着いたら、8:39発の上越新幹線「Max とき307号」で新潟に向かいます。車内は混んでいましたが、この列車は指定席を確保しておいたので、ゆうゆうと着座することができました。高崎からはトンネルばかり、風景はあまり楽しめません。高崎駅で購入した「だるま弁当」に舌鼓を打ちます。やがて、国境の長いトンネル(大清水トンネル)を抜け、雪国に入ります。するとすぐに越後湯沢駅に到着。ここで半分位の乗客が降りてゆきました。やっぱりスキー客が多いのですかね?? その後、浦佐を通過した辺りで喉が乾いてきました。なかなか車内販売が来ないので売店でお茶を買うことにしました。「結構歩くのかな?」と思い自動ドアを開け、階段を降りると、そこが売店。本当に助かりました。私の乗っていた8号車には売店があったのですね。
長岡を過ぎたあたりから雪は少なくなり、高速道路との並走を楽しんでから新潟に到着です。
f0077838_2059826.jpg
だるま弁当(パッケージ)


f0077838_20595740.jpg
だるま弁当(中身)


f0077838_212960.jpg
越後湯沢あたりからの車窓


f0077838_212485.jpg
E1系「Max とき307号」の普通車指定座席


f0077838_213504.jpg
E1系「Max とき307号」の普通車指定席車内


f0077838_2152815.jpg
200系とE1系(右が私が乗車した、E1系「Max とき307号」)(新潟で撮影)



新潟に着いたら、今度は10:11発の特急「北越4号」で直江津に向かいます。しかし、乗り換えに少しだけ時間があったので、他の列車の写真も撮ることにしました。唯一、撮れたのが快速「きらきらうえつ」でした。この電車は485系の改造車なのですが、485系の面影はあまりありません。あの優美な赤とクリーム色の国鉄色はいったい何処へいってしまったのでしょうか? 鉄道好きには少し残念なところがあります。さて、話を戻して「北越4号」の話をしましょう。この列車は485系の3000番台を使用しています。この3000番台も改造車なのですが、「きらきらうえつ」のような嫌な改造ではないのです。私は結構この改造は好きです。昔の485系の面影を残しながら、先進のスタイルや装備に改修する・・・ 本当にイイ改造であると思います。私はこの列車ではグリーン車に乗りました。別途、3780円かかりました。この列車のグリーン車は100点満点中75点位でした。どこが悪いかというと、まずフットレストです。シートピッチが広い割にフットレストのサイズが小さいので、足がとどきにくいのです。私の背が小さいせいもあるのかもしれませんが、フットレストが遠いよー。足をピンと伸ばさないと、とどきにくかったです。
もう一点は、座席と窓の配置が合っていないことです。私の座った席はちょうど窓と席の配置があっていない席で、眺めがあまり楽しめませんでした。この二点が主な欠点です。
あと、私が犯した最大のミスは海側の席を取れなかったことです。私の座った席は新潟から新津までは海側(と、いっても海は見えませんが)なのですが、新津からは山側になるのです。良くわからない方は地図を見てください。のった瞬間に「しまった!」と思いました。まぁ、そう思っても後の祭りなわけで・・・・
オーシャンビューは反対側の窓から見えました。荒れていましたが、風情がありました。
新潟から2時間程で直江津に到着です。
f0077838_12522432.jpg
485系特急「北越4号」(これに乗車しました。)(新潟で撮影)


f0077838_12533711.jpg
485系快速「きらきらうえつ」(これには乗車してません。)(新潟で撮影)


f0077838_12545553.jpg
485系特急「北越4号」のグリーン車座席


直江津では乗り換えに時間があるので、街に出ることにしました。しかし、駅の外に出てみると強風が吹いていて、とても歩ける状態ではありませんでした。それなのでタクシーを使います。行き先は「郷土美術博物館」です。この博物館の名は関東地方のロードマップにも乗っている有名な博物館です。と言いたいところなのですが、着いてみればまるで幽霊屋敷。もう経営してないみたいです。そう言えば、タクシーのドライバーも場所がわからなかったみたいで、無線で場所を聞いていました。
さて、郷土美術博物館を後にして海へ行くことにします。途中、直江津中学校とやらがあったのですが、そこも少し幽霊屋敷っぽかったです。潮風に吹かれすぎると、コンクリートが汚くなるのですかね? ちなみに郷土美術博物館もコンクリート造りでした。
直江津中学校を過ぎて、少し歩くといよいよ海が現れます。大しけでした。でも荒波を見ると「冬の日本海」って感じがして、結構、趣があります。海で二・三枚写真を撮った後、駅に引き返すことにしました。途中、郵便局によってお金をおろします。これから乗る「妙高6号」の指定券を買ったら、少しお金がピンチになってしまったのでした。
f0077838_13513128.jpg
直江津駅改札


f0077838_13522910.jpg
日本海

f0077838_13525862.jpg
681系2000番台特急「はくたか」と普通列車(直江津で撮影)


直江津からは、13:13発の「妙高6号」で長野に向かいます。いわゆる「あさま色」の189系。この列車では普通車指定席に乗車しました。当然この列車には自由席車も連結されています。この列車はかなり可笑しい列車でした。普通は指定席車のほうが設備が良く、自由席車はそこそこなのですが、この列車は正反対で、自由席車の設備が良くて、指定席車の設備がそこそこなのです。具体的に言えば、指定席車が簡易リクライニングシート。自由席車がフリーストップリクライニングシートだったのでした。本末転倒ですね。
また、この列車では車掌さんがよく回ってきました。「なぜかな~~?」と思っていたのですが、30分ほど乗車していたら、理由が分かりました。この列車、自由席と間違えて指定席に乗ってくる客が多いのです。だから、車掌さんがよく来たのですね。
1時間30分程で長野に到着です。
f0077838_14103089.jpg
189系「妙高6号」(直江津で撮影)


f0077838_14132622.jpg
「妙高6号」の普通車指定席車内


f0077838_1414125.jpg
「妙高6号」の普通車指定座席


f0077838_14151790.jpg
「妙高6号」の普通車自由席車内


f0077838_1426046.jpg
「妙高6号」からの車窓


f0077838_14272314.jpg
189系「妙高6号」と383系特急「(ワイドビュー)しなの18号」(長野で撮影)


長野からは、長野新幹線に乗り換えます。長野駅で「国産牛肉弁当」を購入し、14:10発の「あさま574号」に乗りました。車内はほぼ満席。私の隣にも人が座りました。車内で「国産牛肉弁当」を食べました。味のほうは「駅弁だなぁ~」というお味。駅弁をあまり食べたことのない人には分かりにくいかもしれませんが、こういう風にしか言い表せません。長野新幹線は思ったより揺れました。50分程で高崎に到着です。
高崎からは、時間があったので上越線普通列車で越後湯沢まで行くことにしました。高崎~水上までは、湘南色の115系に乗車しました。普通列車だけあって、少々マナーの悪い女子高生なども乗車していました。私的に普通列車が嫌いなのはこういうマナーの悪いお客がいるからなのです。渋川を過ぎるとすぐに利根川を渡るのですが、強風のため徐行運転していました。景色はいつしか、田園風景から山岳風景に移り変わり、沼田を過ぎたあたりからは雪景色もチラホラ。「普通なら、もっと雪があるんだろなぁ~」と今年の暖冬のことを考えているうちに終点水上に到着です。高崎から水上の間は1時間程かかりました。
さて、水上からは新潟色の115系に乗って、上越国境を越えます。「客はいないんだろ~な。」と思いつつ乗り込むと以外にも、お客が多数乗っていました。18キッパーが多いようで、車内改札で長細い切符を見せていた客も少しですがいました。新清水トンネル内では、土合駅もしっかりパチリ。トンネルを抜けると、あたりは真っ暗でした。水上から35分程で越後湯沢に到着です。
f0077838_1451557.jpg
E2系「あさま574号」(長野で撮影)


f0077838_1452927.jpg
「あさま574号」の普通車指定座席


f0077838_14525872.jpg
国産牛肉弁当


f0077838_14534149.jpg
上越線115系(左が新潟色、右が湘南色)(水上で撮影)


f0077838_14544757.jpg
115系新潟色の車内


f0077838_14552831.jpg
115系新潟色の座席


f0077838_1511078.jpg
土合駅地下ホーム


越後湯沢では新幹線への乗り換えの時間が少なかったので少し走りました。乗り換え改札に「土・日きっぷ」を通し、新幹線ホームに駆け上がります。どうにか間に合い、18:19発の「Maxたにがわ86号」に乗車することができました。この列車は臨時列車で上野行き。珍しい行き先です。私は高崎で降ります。越後湯沢から高崎はずっとトンネル。トンネルを出ても、一階席&お外真っ暗だったので、何も書くことがありません。30分で高崎に到着しました。高崎からは普通列車で新前橋へ。これで二日間の日程が全て終わりです。
f0077838_1562098.jpg
E4系「Maxたにがわ86号」(越後湯沢で撮影)


f0077838_1572410.jpg
「Maxたにがわ86号」の普通車自由座席


f0077838_1584215.jpg
「Maxたにがわ86号」の普通車一階自由席車内



動画もアップ出来次第、貼り付けていく予定です。ご期待ください。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-03-27 15:23 | 旅行
Suica・PASMO相互利用記念Suicaカードの購入
今日(3月18日)、Suica・PASMO相互利用記念Suicaカードの購入をしに、前橋駅へ行ってきました。そんなにアナウンスされていなかったので、「買いにくる人は2・3人くらいなもんだろう。」と、思っていたのですが、意外にも前橋駅のみどりの窓口前には長蛇の列が出来ていました。凄いですよね。私はギリギリで購入することができました。ヲタだけしか買わないと思うかもしれませんが、これも意外に一般の人が購入していました。私は10分前頃から並んでいたのですが、買えた人の中では列の最後のほうでした。中には転売目的なのか分かりませんが、何枚も買っていく方もいました。まぁ、一人5枚まで買えるので悪いわけではないんですがね。また、私の番の直前で列に割り込みをしようとした人がいたので、キレてしまいました。(笑) 本当に割り込みしてくる人には怒りを覚えます。
あと、新しいSuicaには自分の名前をカード表面にプリントできるサービスがあるので、早速利用させていただきました。でも、名前を入れるのは私が最初なのか、駅員さんは機器の操作方法が良く分かっていないようでしたね。しっかりとリハーサルしておいてほしいものです。
f0077838_1283667.jpg



また、「土・日きっぷ」使用の旅行記(二日目)は現在、鋭意制作中です。もう少々お待ち下さい。

それでは・・・・
[PR]
by sotechan | 2007-03-18 12:18 | 日常